與謝野晶子研究 : 第一次「明星」期を中心に

この論文をさがす

著者

    • 加古, 美奈子 カコ, ミナコ

書誌事項

タイトル

與謝野晶子研究 : 第一次「明星」期を中心に

著者名

加古, 美奈子

著者別名

カコ, ミナコ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第2030号

学位授与年月日

2000-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 〈目次〉 / p1 (0003.jp2)
  2. 凡例 / p4 (0006.jp2)
  3. 序 / p1 (0009.jp2)
  4. 第一章 與謝野晶子の創作活動とその背景―『みだれ髪』、晶子の詩歌、美文、小説、評論等とその思想、文芸論 / (0012.jp2)
  5. 第一節 與謝野晶子『みだれ髪』の成立―『みだれ髪』の同時代評をめぐって / p4 (0013.jp2)
  6. 〈注〉第一章 第一節 / p16 (0025.jp2)
  7. 第二節 『みだれ髪』の表現と短歌という詩形式―美文「はたち妻」をめぐって / p20 (0029.jp2)
  8. 一 美文「はたち妻」の解釈と『みだれ髪』との表現比較 / p21 (0030.jp2)
  9. ニ 「はたち妻」と『みだれ髪』にみられる美文と短歌の相違 / p32 (0041.jp2)
  10. 〈注〉第一章 第二節 一 二 / p44 (0053.jp2)
  11. 第三節 與謝野晶子と「近代恋愛」―美文「経机」と「非婚主義」をめぐって / p51 (0060.jp2)
  12. 一 美文「経机」と「私の見た少女」 / p52 (0061.jp2)
  13. 二 晶子とトルストイの「非婚主義」 / p58 (0067.jp2)
  14. 三 美文「経机」と晶子のもう一つの理想像 / p67 (0076.jp2)
  15. 〈注〉第一章 第三節 一 二 三 / p80 (0089.jp2)
  16. 第四節 與謝野晶子の小説と田山花袋『蒲団』批判 / p83 (0092.jp2)
  17. 一 輿謝野晶子の『蒲団』批判 / p84 (0093.jp2)
  18. 二 與謝野晶子の小説-『明るみへ』『雲のいろいろ』 / p89 (0098.jp2)
  19. 〈注〉第一章 第四節 一 二 三 / p102 (0111.jp2)
  20. 第二章 與謝野晶子と美術―『みだれ髪』と絵画表現をめぐって / p103 (0112.jp2)
  21. 第一節 『みだれ髪』の色彩表現 / p104 (0113.jp2)
  22. 一 『みだれ髪』の色彩語の用例 / p105 (0114.jp2)
  23. 二 『みだれ髪』の色彩語の象徴性―白、紅、紫 / p108 (0117.jp2)
  24. 三 『みだれ髪』の色彩表現の特色と背景 / p116 (0125.jp2)
  25. 〈注〉第二章 第一節 一 二 三 / p120 (0129.jp2)
  26. 第二節 『みだれ髪』の「髪」と「アール・ヌーヴォー」 / p123 (0132.jp2)
  27. 一 「明星」、『みだれ髪』と「アール・ヌーヴォー」 / p123 (0132.jp2)
  28. 二 『みだれ髪』の「髪」の歌と「水」のイメージ / p125 (0134.jp2)
  29. 〈注〉第二章 第二節 一 二 / p129 (0138.jp2)
  30. 第三節 『みだれ髪』の「髪」と世紀末絵画、「ファム・ファタル」 / p131 (0140.jp2)
  31. 一 『みだれ髪』の「髪」と「ファム・ファタル」 / p131 (0140.jp2)
  32. 二 晶子の歌に表現された「ファム・ファタル」 / p135 (0144.jp2)
  33. 〈注〉第二章 第三節 一 二 / p140 (0149.jp2)
  34. 第四節 與謝野晶子と夏目漱石―絵画的表現の比較 / p146 (0155.jp2)
  35. 一 漱石、晶子の浪漫主義的表現 / p146 (0155.jp2)
  36. 二 漱石、晶子の絵画的女性像―『草枕』の「裸体画」、『虞美人草』 / p155 (0164.jp2)
  37. 〈注〉第二章 第四節 一 二 / p165 (0174.jp2)
  38. 第三章 與謝野晶子と古典―『源氏物語』を中心に / p166 (0175.jp2)
  39. 第一節 與謝野晶子の生涯と古典、『源氏物語』 / p168 (0177.jp2)
  40. 一 『源氏物語』に学ぶ輿謝野晶子 / p168 (0177.jp2)
  41. 〈注〉第三章 第一節 一 / p177 (0186.jp2)
  42. 二 「晶子源氏」について / p178 (0187.jp2)
  43. 1 『新譯源氏物語』書誌―本文改訂の経緯 / p178 (0187.jp2)
  44. 2 『新新譯源氏物語』書誌―諸本の異同 / p191 (0200.jp2)
  45. 3 「晶子源氏」の成立と評価 / p211 (0220.jp2)
  46. 〈注〉第三章 第一節 二 / p219 (0228.jp2)
  47. 附 與謝野晶子『源氏物語礼讃』解題と評釈 / p222 (0231.jp2)
  48. 第二節 與謝野晶子における古典の受容―晶子の作品への古典的情緒投影 / p279 (0288.jp2)
  49. 一 晶子の歌に表現された「髪」と古典的情緒―『源氏物語』浮舟をめぐって / p280 (0289.jp2)
  50. 二 晶子の歌と「末摘花」「蓬生」―「女主人の零落」、遺愛の梅、蕪村 / p293 (0302.jp2)
  51. 三 晶子の歌への『源氏物語』投影 / p308 (0317.jp2)
  52. 四 晶子の古典摂取とその背景 / p331 (0340.jp2)
  53. 〈注〉第三章 第二節 一 二 三 四 / p342 (0351.jp2)
  54. 第三節 與謝野晶子と古典の意義―晶子の評論から / p343 (0352.jp2)
  55. 一 與謝野晶子の古典研究―『紫式部新考』の論調 / p344 (0353.jp2)
  56. 二 與謝野晶子における古典の意義―初期歌、評論をめぐって / p354 (0363.jp2)
  57. 〈注〉第三章 第三節 一 ニ / p368 (0377.jp2)
  58. 結 與謝野晶子の作歌意識―晶子の「幻想」と浪漫主義 / p370 (0379.jp2)
  59. 〈注〉結 / p389 (0398.jp2)
  60. 初出一覧 / p395 (0404.jp2)
  61. 使用テキスト/参考文献 / p397 (0406.jp2)
26アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189291
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189574
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000353605
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ