細菌細胞における多剤排出系の生化学的及び遺伝学的解析

この論文をさがす

著者

    • 森田, 雄二 モリタ, ユウジ

書誌事項

タイトル

細菌細胞における多剤排出系の生化学的及び遺伝学的解析

著者名

森田, 雄二

著者別名

モリタ, ユウジ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第2073号

学位授与年月日

2000-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 略語 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1章 序論 / p3 (0005.jp2)
  4. 第1節 はじめに / p3 (0005.jp2)
  5. 第2節 薬剤耐性機構 / p3 (0005.jp2)
  6. 第3節 多剤排出系 / p4 (0006.jp2)
  7. 第4節 研究の目的と論文の構成 / p7 (0007.jp2)
  8. 第2章 生物界で初めて見出されたNa⁺駆動性の多剤排出タンパク質NorM / p8 (0008.jp2)
  9. 第1節 要約 / p8 (0008.jp2)
  10. 第2節 緒言 / p9 (0008.jp2)
  11. 第3節 方法 / p10 (0009.jp2)
  12. §1 菌株と培養条件 / p10 (0009.jp2)
  13. §2 DNA操作 / p10 (0009.jp2)
  14. §3 腸炎ビブリオAQ3334株における薬剤排出系の生化学的解析 / p11 (0009.jp2)
  15. §4 腸炎ビブリオAQ3334株における多剤排出系の遺伝子面からの解析 / p13 (0010.jp2)
  16. §5 薬剤感受性試験 / p14 (0011.jp2)
  17. §6 大腸菌のnorfloxacin細胞内蓄積量の測定 / p14 (0011.jp2)
  18. §7 大腸菌のNorM homologue YdhEの遺伝子Cloning / p15 (0011.jp2)
  19. §8 ydhE遺伝子破壊株の構築とその性質 / p15 (0011.jp2)
  20. §9 多剤排出タンパク質のNorMのenergy共役 / p20 (0014.jp2)
  21. §10 その他 / p21 (0014.jp2)
  22. 第4節 結果と考察 / p22 (0015.jp2)
  23. §1 腸炎ビブリオAQ3334株における多剤排出系の生化学的解析 / p22 (0015.jp2)
  24. §2 腸炎ビブリオAQ3334株における多剤排出系の遺伝子面からの解析 / p27 (0017.jp2)
  25. §3 大腸菌のNorM homologue YdhEの遺伝子cloning / p40 (0024.jp2)
  26. §4 大腸菌のydhE遺伝子破壊株の性質 / p43 (0025.jp2)
  27. §5 多剤排出タンパク質NorMのエネルギー共役 / p46 (0027.jp2)
  28. 第4章 緑膿菌の多剤排出系(MexX-MexY,MexA-MexB)の機能と役割 / p53 (0030.jp2)
  29. 第1節 要約 / p53 (0030.jp2)
  30. 第2節 緒言 / p54 (0031.jp2)
  31. 第3節 方法 / p57 (0032.jp2)
  32. §1 菌株と培地 / p57 (0032.jp2)
  33. §2 DNA操作 / p57 (0032.jp2)
  34. §3 mexX-mexY遺伝子破壊用plasmid pTEM424の構築 / p58 (0033.jp2)
  35. §4 mexA-mexB遺伝子破壊用plasmid pTUM325の構築 / p58 (0033.jp2)
  36. §5 mexA-mexB-oprM遺伝子破壊用plasmid pTUM125の構築 / p59 (0033.jp2)
  37. §6 緑膿菌遺伝子破壊株の構築 / p63 (0035.jp2)
  38. §7 薬剤感受性試験 / p65 (0036.jp2)
  39. 第4節 結果と考察 / p67 (0037.jp2)
  40. §1 遺伝子破壊株を作製するための戦略 / p67 (0037.jp2)
  41. §2 mexX-mexY遺伝子破壊用plasmid pTEM424の構築 / p67 (0037.jp2)
  42. §3 mexA-mexB遺伝子破壊用plasmid pTUM325の構築 / p68 (0038.jp2)
  43. §4 mexA-mexB-oprM遺伝子破壊用plasmid pTUM125の構築 / p68 (0038.jp2)
  44. §5 遺伝子破壊株の作製 / p69 (0038.jp2)
  45. §6 遺伝子破壊株の薬剤感受性 / p70 (0039.jp2)
  46. §7 mexX-mexY遺伝子を含むplasmidによる緑膿菌の薬剤感受性変化 / p71 (0039.jp2)
  47. 第3章 総括と展望 / p75 (0041.jp2)
  48. 謝辞 / p78 (0043.jp2)
  49. 参考文献 / p79 (0043.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189334
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189617
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000353648
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ