免疫抑制剤創製のための標的分子としてのCD45 : プロテインチロシンフォスファターゼ活性の調節機構の解明

この論文をさがす

著者

    • 能見, 圭子 ノウミ, ケイコ

書誌事項

タイトル

免疫抑制剤創製のための標的分子としてのCD45 : プロテインチロシンフォスファターゼ活性の調節機構の解明

著者名

能見, 圭子

著者別名

ノウミ, ケイコ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第2081号

学位授与年月日

2000-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 略語 / p4 (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p5 (0005.jp2)
  4. 第1節 臓器移植における免疫抑制剤の重要性 / p5 (0005.jp2)
  5. 第2節 移植片拒絶のメカニズムとT細胞活性化シグナル伝達におけるCD45 / p10 (0008.jp2)
  6. §1 移植片拒絶のメカニズム / p10 (0008.jp2)
  7. §2 T細胞活性化シグナルとCD45の役割 / p11 (0008.jp2)
  8. 第3節 CD45の構造と機能および活性調節 / p14 (0010.jp2)
  9. §1 CD45の構造 / p14 (0010.jp2)
  10. §2 CD45の基質 / p16 (0011.jp2)
  11. §3 CD45PTP活性の調節メカニズム / p18 (0012.jp2)
  12. 第4節 本研究の目指すところ / p22 (0014.jp2)
  13. 第2章 CD45細胞内ドメインの分子内および分子問相互作用の解析 / p23 (0014.jp2)
  14. 第1節 研究の背景と目的 / p23 (0014.jp2)
  15. 第2節 材料と方法 / p24 (0015.jp2)
  16. §1 CD45細胞内ドメインのクローニングと酵母発現ベクターの構築 / p24 (0015.jp2)
  17. §2 酵母の形質転換 / p24 (0015.jp2)
  18. §3 3AT(His-)プレートでの酵母の生育試験 / p29 (0017.jp2)
  19. §4 β-ガラクトシダーゼ活性の測定 / p29 (0017.jp2)
  20. §5 その他の方法と試薬 / p30 (0018.jp2)
  21. 第3節 結果 / p33 (0019.jp2)
  22. §1 CD45細胞内領域を発現する酵母Two-hybridプラスミドの構築 / p33 (0019.jp2)
  23. §2 PTP-D1とPTP-D2の相互作用 / p33 (0019.jp2)
  24. §3 PTP-D2とスペーサー領域の結合 / p38 (0022.jp2)
  25. §4 β-ガラクトシダーゼを指標とした酵母Two-hybridシステムでの分子間相互作用の解析 / p42 (0024.jp2)
  26. §5 Full-length CD45細胞内領域のホモ2量体形成 / p45 (0025.jp2)
  27. 第4節 考察 / p48 (0027.jp2)
  28. 第3章 SpとD2の相互作用に関与するSp領域中のアミノ酸残基の同定 / p51 (0028.jp2)
  29. 第1節 研究の背景と目的 / p51 (0028.jp2)
  30. 第2節 材料と方法 / p52 (0029.jp2)
  31. §1 PCRを用いたランダム変異導入法 / p52 (0029.jp2)
  32. §2 部位特質的変異導入法 / p52 (0029.jp2)
  33. §3 β-ガラクトシダーゼ活性の測定 / p54 (0030.jp2)
  34. §4 変質Sp領域のMp-D1-Sp発現プラスミドへの組み込み / p54 (0030.jp2)
  35. §5 その他の方法と試薬 / p56 (0031.jp2)
  36. 第3節 結果 / p57 (0031.jp2)
  37. §1 変異型スペーサーの作製 / p57 (0031.jp2)
  38. §2 変異型スペーサーとPTP-D2の相互作用 / p57 (0031.jp2)
  39. §3 変質SpのMp-D1-Spへの導人とD2との相互作用 / p60 (0033.jp2)
  40. 第4節 考察 / p62 (0034.jp2)
  41. 第4章 T細胞シグナル伝達に対するCD45スペーサー変異の影響 / p62 (0034.jp2)
  42. 第1節 研究の背景と目的 / p68 (0037.jp2)
  43. 第2節 材料と方法 / p69 (0037.jp2)
  44. §1 細胞株と抗体 / p69 (0037.jp2)
  45. §2 野生型CD45ROの動物細胞発現プラスミドの作製 / p69 (0037.jp2)
  46. §3 変質型Spを持つCD45RO動物細胞発現プラスミドの作製 / p73 (0039.jp2)
  47. §4 安定形質転換株の作製 / p73 (0039.jp2)
  48. §5 トランスフェクション効率の測定 / p77 (0041.jp2)
  49. §6 Flow cytomctry / p77 (0041.jp2)
  50. §7 サイトカインの産生誘導 / p78 (0042.jp2)
  51. §8 IL-2産生量の測定 / p79 (0042.jp2)
  52. §9 その他の方法と試薬 / p79 (0042.jp2)
  53. 第3節 結果 / p80 (0043.jp2)
  54. §1 CD45発現プラスミドの作製 / p80 (0043.jp2)
  55. §2 CD45発現プラスミドのCD45欠損T細胞株(J45.01)へのトランスフェクション / p81 (0043.jp2)
  56. §3 CD45欠損T細胞抹(J45.01)での野生型CD45ROの発現 / p83 (0044.jp2)
  57. §4 CD45欠損T細胞株(J45.01)での変異型Spを持つCD45ROの発現 / p85 (0045.jp2)
  58. §5 変異型Spを持つCD45を発現させたJ45.01でのIL-2産生 / p85 (0045.jp2)
  59. 第4節 考察 / p90 (0048.jp2)
  60. 第5章 総括と展望 / p94 (0050.jp2)
  61. 謝辞 / p97 (0051.jp2)
  62. 参考文献 / p98 (0052.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189342
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189625
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000353656
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ