知覚-運動学習における積極的休息および運動プログラム仮説に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 佐田, 吉隆 サダ, ヨシタカ

書誌事項

タイトル

知覚-運動学習における積極的休息および運動プログラム仮説に関する研究

著者名

佐田, 吉隆

著者別名

サダ, ヨシタカ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

甲第2091号

学位授与年月日

2000-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景・目的 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 本論文の内容・構成 / p2 (0008.jp2)
  5. 第I部 知覚―運動学習における積極的休息に関する研究 / p5 (0009.jp2)
  6. 第2章 精神面での積極的休息が知覚―運動学習に及ぼす効果(1)―鏡映描写課題を対象にして― / p7 (0010.jp2)
  7. 2.1 概説 / p7 (0010.jp2)
  8. 2.2 実験I―朗読による積極的休息が鏡映描写課題に及ぼす効果 / p9 (0011.jp2)
  9. 2.3 実験II―朗読による積極的休息が鏡映描写課題に及ぼす効果(追試) / p13 (0013.jp2)
  10. 2.4 結語 / p17 (0015.jp2)
  11. 第3章 精神面での積極的休息が知覚―運動学習に及ぼす効果(2)―回転板追跡課題を対象にして― / p19 (0016.jp2)
  12. 3.1 概説 / p19 (0016.jp2)
  13. 3.2 実験III―朗読による積極的休息が回転板追跡課題およびフリッカー値に及ぼす効果 / p19 (0016.jp2)
  14. 3.3 結語 / p25 (0019.jp2)
  15. 第4章 内田クレペリン精神検査を用いた精神面での積極的休息の効果 / p27 (0020.jp2)
  16. 4.1 概説 / p27 (0020.jp2)
  17. 4.2 実験IV―「非利き手」の不規則パターン描写による積極的休息が内田クレペリン精神検査に及ぼす効果 / p28 (0021.jp2)
  18. 4.3 結語 / p31 (0022.jp2)
  19. 第5章 表面筋電図周波数解析による積極的休息効果の検討 / p33 (0023.jp2)
  20. 5.1 概説 / p33 (0023.jp2)
  21. 5.2 実験V―表面筋電図周波数解析による積極的休息効果の検討―タッピングによる局所筋疲労を対象にして― / p34 (0024.jp2)
  22. 5.3 結語 / p45 (0029.jp2)
  23. 第II部 知覚―運動学習における運動プログラム仮説に関する研究 / p47 (0030.jp2)
  24. 第6章 先行経験のない知覚―運動学習におけるメンタルプラクティス(MP)の効果 / p49 (0031.jp2)
  25. 6.1 概説 / p49 (0031.jp2)
  26. 6.2 問題の所在 / p56 (0035.jp2)
  27. 6.3 実験VI―先行経験のない知覚―運動学習におけるMPの効果(1) / p59 (0036.jp2)
  28. 6.4 実験VII―先行経験のない知覚―運動学習におけるMPの効果(2) / p66 (0040.jp2)
  29. 6.5 総合的考察 / p70 (0042.jp2)
  30. 6.6 結語 / p72 (0043.jp2)
  31. 第7章 仮想的な視点環境が知覚―運動学習に及ぼす効果 / p73 (0043.jp2)
  32. 7.1 概説 / p73 (0043.jp2)
  33. 7.2 実験VIII―仮想的な視点環境が知覚―運動学習に及ぼす効果 / p74 (0044.jp2)
  34. 7.3 結語 / p81 (0047.jp2)
  35. 第8章 ランダム系列生成行動における注意的側面の検討 / p83 (0048.jp2)
  36. 8.1 概説 / p83 (0048.jp2)
  37. 8.2 実験IX―ランダム系列生成行動における注意的側面の検討(1) / p86 (0050.jp2)
  38. 8.3 実験X―ランダム系列生成行動における注意的側面の検討(2) / p91 (0052.jp2)
  39. 8.4 総合的考察 / p95 (0054.jp2)
  40. 8.5 結語 / p96 (0055.jp2)
  41. 第III部 総合的考察 / p98 (0056.jp2)
  42. 第9章 研究の成果と今後の課題 / p100 (0057.jp2)
  43. 9.1 研究の成果 / p100 (0057.jp2)
  44. 9.2 今後の課題 / p102 (0058.jp2)
  45. 9.3 要約 / p103 (0059.jp2)
  46. 引用文献 / p106 (0060.jp2)
  47. 謝辞 / (0065.jp2)
60アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189352
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189635
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000353666
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ