圧電超音波アクチュエータの有限要素法援用設計に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 古川, 達也 フルカワ, タツヤ

書誌事項

タイトル

圧電超音波アクチュエータの有限要素法援用設計に関する研究

著者名

古川, 達也

著者別名

フルカワ, タツヤ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第3458号

学位授与年月日

2000-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0002.jp2)
  2. I.序論 / p1 (0004.jp2)
  3. I-1.0A機器における圧電超音波アクチュエータの応用 / p1 (0004.jp2)
  4. I-2.圧電超音波アクチュエータ設計のための有限要素法援用 / p3 (0005.jp2)
  5. II.有限要素法援用によるシングルノズルインクジェットヘッドの振動解析 / p5 (0006.jp2)
  6. II-1.はじめに / p5 (0006.jp2)
  7. II-2.インクジェットヘッドの動作原理 / p6 (0007.jp2)
  8. II-3.有限要素法による解析方法 / p7 (0007.jp2)
  9. II-4.圧電ヘッドの電気インピーダンス / p16 (0012.jp2)
  10. II-5.ヘッド形状の検討 / p22 (0015.jp2)
  11. II-6.まとめ / p27 (0017.jp2)
  12. 参考文献 / p27 (0017.jp2)
  13. III.マルチノズル型インクジェットヘッドの開発―クシ歯状圧電振動子の有限要素モーダル解析と評価 / p29 (0018.jp2)
  14. III-1.はじめに / p29 (0018.jp2)
  15. III-2.構造と動作原理 / p30 (0019.jp2)
  16. III-3.有限要素法による振動計算 / p34 (0021.jp2)
  17. III-4.インク噴射に対する振動の効果 / p46 (0027.jp2)
  18. III-5.まとめ / p49 (0028.jp2)
  19. 参考文献 / p49 (0028.jp2)
  20. IV.有限要素法援用による圧電振動ポンプの設計 / p51 (0029.jp2)
  21. IV-1.はじめに / p51 (0029.jp2)
  22. IV-2.圧電振動ポンプについて / p52 (0030.jp2)
  23. IV-3.圧電振動ポンプ機構の概要 / p53 (0030.jp2)
  24. IV-4.圧電振動ポンプの逆止弁の設計 / p54 (0031.jp2)
  25. IV-5.圧電振動子とダイヤフラムの設計 / p58 (0033.jp2)
  26. IV-6.評価実験 / p67 (0037.jp2)
  27. IV-7.まとめ / p70 (0039.jp2)
  28. 参考文献 / p70 (0039.jp2)
  29. V.圧電振動子アクチュエータの有限要素法による動的応答解析 / p71 (0039.jp2)
  30. V-1.はじめに / p71 (0039.jp2)
  31. V-2.有限要素法による定式化 / p72 (0040.jp2)
  32. V-3.計算解析例および考察 / p77 (0042.jp2)
  33. V-4.まとめ / p97 (0052.jp2)
  34. 参考文献 / p97 (0052.jp2)
  35. VI.自走型矩形超音波アクチュエータの有限要素モデル援用による検討 / p99 (0053.jp2)
  36. VI-1.はじめに / p99 (0053.jp2)
  37. VI-2.アクチュエータの構成 / p100 (0054.jp2)
  38. VI-3.有限要素法による設計検討 / p101 (0054.jp2)
  39. VI-4.アクチュエータの振動変位測定 / p108 (0058.jp2)
  40. VI-5.アクチュエータの自走特性 / p111 (0059.jp2)
  41. VI-6.まとめ / p113 (0060.jp2)
  42. 参考文献 / p113 (0060.jp2)
  43. VII.自走型矩形超音波アクチュエータの小型化の検討 / p115 (0061.jp2)
  44. VII-1.はじめに / p115 (0061.jp2)
  45. VII-2.有限要素法による検討 / p116 (0062.jp2)
  46. VII-3.小型アクチュエータの試作 / p120 (0064.jp2)
  47. VII-4.試作アクチュエータの効率 / p122 (0065.jp2)
  48. VII-5.試作アクチュエータの自走特性 / p125 (0066.jp2)
  49. VII-6.まとめ / p127 (0067.jp2)
  50. 参考文献 / p127 (0067.jp2)
  51. VIII.結言 / p129 (0068.jp2)
  52. 謝辞 / p132 (0070.jp2)
  53. 研究業績リスト / p133 (0070.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189393
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189676
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000353707
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ