培養細胞におけるテトラヒドロビオプテリンの取り込みに関する基礎的研究、およびテトラヒドロビオプテリン補充療法におけるセピアプテリンの有用性について 培養 細胞 テトラヒドロビオプテリン 取り込み 基礎的 補充 療法 セピアプテリン 有用性

この論文をさがす

著者

    • 山本一匡 ヤマモト, カズマサ

書誌事項

タイトル

培養細胞におけるテトラヒドロビオプテリンの取り込みに関する基礎的研究、およびテトラヒドロビオプテリン補充療法におけるセピアプテリンの有用性について

タイトル別名

培養 細胞 テトラヒドロビオプテリン 取り込み 基礎的 補充 療法 セピアプテリン 有用性

著者名

山本一匡

著者別名

ヤマモト, カズマサ

学位授与大学

帝京科学大学

取得学位

博士 (先端科学技術)

学位授与番号

甲第7号

学位授与年月日

2000-03-21

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 1.緒言 / p2 (0005.jp2)
  3. 2.材料と方法 / p10 (0013.jp2)
  4. 2.1.材料 / p10 (0013.jp2)
  5. 2.2.細胞培養 / p10 (0013.jp2)
  6. 2.3.機器類 / p12 (0015.jp2)
  7. 2.4.細胞内BH₄の測定 / p12 (0015.jp2)
  8. 2.5.細胞内トリプトファン水酸化酵素代謝活性の測定 / p14 (0017.jp2)
  9. 3.結果 / p16 (0019.jp2)
  10. 3.1.培養細胞におけるセピアプテリンとテトラヒドロビオプテリン及びそのアナログの取り込みにおける濃度依存性の比較 / p16 (0019.jp2)
  11. 3.2.培養細胞におけるセピアプテリンとテトラヒドロビオプテリン及び6-メチルテトラヒドロプテリンの取り込みにおける時間依存性の比較 / p21 (0024.jp2)
  12. 3.3.セピアプテリンとテトラヒドロビオプテリン及びそのアナログにより増加した細胞内プテリジンの減少の比較 / p30 (0033.jp2)
  13. 3.4.外因性テトラヒドロビオプテリンの安定な蓄積とセピアプテリン由来のBH₄との比較 / p38 (0041.jp2)
  14. 3.5.培養細胞への補酵素供給へのセピアプテリンの有効性 / p44 (0047.jp2)
  15. 3.6.培養細胞における酸化型プテリンと還元型プテリンの取り込みの比較 / p49 (0052.jp2)
  16. 3.7.培養細胞による細胞外BH₄の積極的な酸化 / p54 (0057.jp2)
  17. 4.考察 / p57 (0060.jp2)
  18. 5.参考文献 / p64 (0067.jp2)
  19. 6.謝辞 / p68 (0071.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189401
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189684
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000353715
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ