仮説検証過程の適応的変化に関する実験的検討

この論文をさがす

著者

    • 眞嶋, 良全 マジマ, ヨシマサ

書誌事項

タイトル

仮説検証過程の適応的変化に関する実験的検討

著者名

眞嶋, 良全

著者別名

マジマ, ヨシマサ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (行動科学)

学位授与番号

甲第4961号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

iv, 212p.

Hokkaido University(北海道大学). 博士(行動科学)

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. はじめに / p1 (0007.jp2)
  3. 第1章 仮説検証過程に関する心理学的研究概観 / p5 (0011.jp2)
  4. 1.1 仮説検証研究におけるさまざまなアプローチ / p5 (0011.jp2)
  5. 1.2 規範論的アプローチによる研究 / p8 (0014.jp2)
  6. 1.3 適応論的アプローチによる研究 / p12 (0018.jp2)
  7. 1.4 仮説検証方略の規定因 / p33 (0039.jp2)
  8. 1.5 第1章のまとめ / p45 (0051.jp2)
  9. 第2章 仮説検証過程の動態的変容分析 / p46 (0052.jp2)
  10. 2.1 第1実験―規則発見課題における検証方略の段階的変化 / p46 (0052.jp2)
  11. 2.2 方法 / p46 (0052.jp2)
  12. 2.3 結果 / p50 (0056.jp2)
  13. 2.4 考察―仮説検証過程の動態的変容プロセス / p59 (0065.jp2)
  14. 2.5 第2章のまとめ / p62 (0068.jp2)
  15. 第3章 受動的情報収集手続きを含む課題における方略の変化 / p64 (0070.jp2)
  16. 3.1 仮説検証における受動的情報収集 / p64 (0070.jp2)
  17. 3.2 第2実験―受容方略型課題における仮説検証過程 / p66 (0072.jp2)
  18. 3.3 第3実験―仮説評価課題における推論の特徴 / p85 (0091.jp2)
  19. 3.4 受動的情報収集手続きによる方略選択の変化 / p104 (0110.jp2)
  20. 3.5 第3章のまとめ / p107 (0113.jp2)
  21. 第4章 反証型検証の選択を促進する要因 / p109 (0115.jp2)
  22. 4.1 第4実験―反証型仮説否定の獲得か,一般的方略としての選択傾向のシフトか / p109 (0115.jp2)
  23. 4.2 方法 / p113 (0119.jp2)
  24. 4.3 結果 / p116 (0122.jp2)
  25. 4.4 考察 / p124 (0130.jp2)
  26. 4.5 第4章のまとめ / p129 (0135.jp2)
  27. 第5章 仮説評価課題における評価者独自の推論過程 / p131 (0137.jp2)
  28. 5.1 第5実験―参照学習過程としての仮説評価課題 / p131 (0137.jp2)
  29. 5.2 方法 / p132 (0138.jp2)
  30. 5.3 結果 / p135 (0141.jp2)
  31. 5.4 考察 / p145 (0151.jp2)
  32. 5.5 第5章のまとめ / p153 (0159.jp2)
  33. 第6章 仮説検証過程で得られた情報の評価 / p154 (0160.jp2)
  34. 6.1 第6実験―4種類の情報に対する評価の比較 / p154 (0160.jp2)
  35. 6.2 方法 / p158 (0164.jp2)
  36. 6.3 結果 / p161 (0167.jp2)
  37. 6.4 考察 / p166 (0172.jp2)
  38. 6.5 第6章のまとめ / p170 (0176.jp2)
  39. 第7章 課題の種類と反応傾向についての考察 / p171 (0177.jp2)
  40. 7.1 仮想生物課題と2-4-6問題の構造的差異 / p171 (0177.jp2)
  41. 7.2 仮想生物課題と2-4-6問題における事例選択傾向の違い / p172 (0178.jp2)
  42. 7.3 仮想生物課題と2-4-6問題における検証事例の適切性評価 / p178 (0184.jp2)
  43. 7.4 第7章のまとめ / p180 (0186.jp2)
  44. 第8章 総合的考察 / p182 (0188.jp2)
  45. 8.1 本研究で得られた知見とその意義 / p182 (0188.jp2)
  46. 8.2 未解決の問題と今後の課題 / p193 (0199.jp2)
  47. 8.3 結語 / p202 (0208.jp2)
  48. 文献 / p205 (0211.jp2)
  49. 謝辞 / p212 (0218.jp2)
14アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189404
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189687
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000353718
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ