日本語に基づくテンス・アスペクト体系の研究 : アスペクチュアリティーの単語独立性を中心として

この論文をさがす

著者

    • 福沢, 将樹 フクザワ, マサキ

書誌事項

タイトル

日本語に基づくテンス・アスペクト体系の研究 : アスペクチュアリティーの単語独立性を中心として

著者名

福沢, 将樹

著者別名

フクザワ, マサキ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第4964号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 0.はじめに / p1 (0005.jp2)
  3. 0-1.本稿の目的と構成 / p2 (0006.jp2)
  4. 0-2.資料と凡例 / p4 (0008.jp2)
  5. 1.文の類型 / p6 (0010.jp2)
  6. 1-1.語り手と視点 / p7 (0011.jp2)
  7. 1-2.眼前描写文と状況説明文 / p17 (0021.jp2)
  8. 1-3.テンポラリティーと語り手・視点 / p38 (0042.jp2)
  9. 2.形式と意味 / p47 (0051.jp2)
  10. 2-1.パーフェクティブとインパーフェクティブ / p48 (0052.jp2)
  11. 2-2.パーフェクトと非パーフェクト / p58 (0062.jp2)
  12. 2-3.過去と現在・未来 / p62 (0066.jp2)
  13. 3.用言の分類 / p103 (0107.jp2)
  14. 3-1.アスペクチュアリティーの単語独立性 / p104 (0108.jp2)
  15. 4.形態論 / p149 (0153.jp2)
  16. 4-1.タ形と非タ形 / p150 (0154.jp2)
  17. 4-2.テイル形・テアル形と非テイル・テアル形 / p164 (0168.jp2)
  18. 4-3.キ形・ケリ形と非キ・非ケリ形 / p181 (0185.jp2)
  19. 4-4.タリ・リ形と非タリ・リ形 / p197 (0201.jp2)
  20. 4-5.ツ形・ヌ形と非ツ・非ヌ形 / p204 (0208.jp2)
  21. 4-6.まとめ / p218 (0222.jp2)
  22. 5.結論 / p221 (0225.jp2)
  23. 5-1.さいごに / p222 (0226.jp2)
  24. 参考文献 / p233 (0237.jp2)
14アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189407
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189690
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000353721
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ