「総合的な環境保全行政」をめざした政策決定システムの基本構造略 : 合衆国連邦政府執行部レベルにおける省庁間調整の仕組み

この論文をさがす

著者

    • 及川, 敬貴 オイカワ, ヒロキ

書誌事項

タイトル

「総合的な環境保全行政」をめざした政策決定システムの基本構造略 : 合衆国連邦政府執行部レベルにおける省庁間調整の仕組み

著者名

及川, 敬貴

著者別名

オイカワ, ヒロキ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

甲第4969号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 序章 「環境」問題の解決をめざした政策決定システムの課題と分析の方法 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.「環境」概念の包括性と権限の分散 / p1 (0005.jp2)
  4. 2.「環境」をめぐる省庁間紛争 / p2 (0006.jp2)
  5. 3.「調整」の限界とその理由 / p2 (0006.jp2)
  6. 4.「規制」から「総合的な環境保全行政」ヘ / p5 (0009.jp2)
  7. 5.NEPA(国家環境政策法)とCEQ(環境諮問委員会) / p7 (0011.jp2)
  8. 第1章 「環境(の質)」の維持・改善をめざした政策決定システム:NEPAの成立過程 / p13 (0017.jp2)
  9. 第1節 資源保全法案の時代(1959年-1960年) / p14 (0018.jp2)
  10. 1.1950年代末のアメリカ社会:幸せな日々(Happy Days) / p14 (0018.jp2)
  11. 2.1960年資源保全法案における問題意識 / p15 (0019.jp2)
  12. 3.1960年資源保全法案の概要と政策決定の仕組み / p17 (0021.jp2)
  13. 4.1960年資源保全法案の位置付け / p22 (0026.jp2)
  14. 第2節 「保全」から「環境(の質)」へ(1960年-1966年) / p24 (0028.jp2)
  15. 1.「変化」の兆し:1960年の大統領選とJFKの特別教書 / p24 (0028.jp2)
  16. 2.「新保全主義」の展開 / p27 (0031.jp2)
  17. 3.エコロジー的思考の拡散:死の灰と『沈黙の春』 / p28 (0032.jp2)
  18. 4.エコロジーの政治的意味 / p30 (0034.jp2)
  19. 第3節 「環境(の質)」の維持・改善をめざした制度メカニズムのあり方:対立の構図(1967年-1968年) / p34 (0038.jp2)
  20. 1.問題状況の深刻化:環境法の乱立 / p34 (0038.jp2)
  21. 2.OSTと「環境(の質)」 / p35 (0039.jp2)
  22. 3.科学技術的『環境管理』 / p38 (0042.jp2)
  23. 4.「環境(の質)」の含意:『環境のための国家政策』 / p40 (0044.jp2)
  24. 第4節 「環境(の質)」の維持・改善をめざした政策決定システムの誕生(1969年) / p47 (0051.jp2)
  25. 1.環境関係閣僚会議の設置:ニクソンの「速攻」 / p47 (0051.jp2)
  26. 2.S.1075の上程と公聴会の開催 / p49 (0053.jp2)
  27. 3.上院案(修正S.1075)の形成過程 / p53 (0057.jp2)
  28. 4.下院案(H.R.12549)の形成過程 / p57 (0061.jp2)
  29. 5.上院案の再修正と両院協議会における合意内容 / p60 (0064.jp2)
  30. 6.オリジナルのコンテクスト / p63 (0067.jp2)
  31. 第2章 政策決定システムの変容:「環境(の質)」と「環境(の保護)」 / p79 (0083.jp2)
  32. 第1節 CEQの組織構造 / p81 (0085.jp2)
  33. 1.大統領府について / p81 (0085.jp2)
  34. 2.CEQのメンバー / p82 (0086.jp2)
  35. 3.CEQのスタッフ / p84 (0088.jp2)
  36. 4.CEQの予算と人員 / p85 (0089.jp2)
  37. 第2節 CEQの責務とその権限の拡大 / p88 (0092.jp2)
  38. 1.NEPAに基づく責務 / p88 (0092.jp2)
  39. 2.大統領令11514号の発令 / p89 (0093.jp2)
  40. 第3節 二つの「環境」:現行のコンテクスト / p94 (0098.jp2)
  41. 1.CCEの消滅とホワイトハウス内政会議の設置 / p94 (0098.jp2)
  42. 2.新たな「環境」行政機関:EPAの誕生 / p96 (0100.jp2)
  43. 3.インタ一プレイの枠組:大気清浄法309条の成立 / p99 (0103.jp2)
  44. 4.現行のコンテクスト / p104 (0108.jp2)
  45. 第3章 CEQの機能 PHASE I(1970年-1976年) / p117 (0121.jp2)
  46. 第1節 CEQに与えられた権限とその主要活動領域 / p118 (0122.jp2)
  47. 1.法令上の権限 / p118 (0122.jp2)
  48. 2.主要活動領域 / p119 (0123.jp2)
  49. 第2節 CEQの活動内容とその成果:鳥瞰図的考察 / p121 (0125.jp2)
  50. 1.NEPAの執行監視(NEPA Oversight) / p121 (0125.jp2)
  51. 2.「環境(の質)」に関する情報の収集、評価、並びに頒布 / p125 (0129.jp2)
  52. 3.政策上の助言・勧告の提供 / p130 (0134.jp2)
  53. 第3節 ニクソン政権期におけるCEQ:Heyday / p135 (0139.jp2)
  54. 1.環境の時代:順風満帆 / p135 (0139.jp2)
  55. 2.CEQのアクセス・ルート:内政会議のスタッフ / p137 (0141.jp2)
  56. 3.状況の変化 / p140 (0144.jp2)
  57. 第4節 フォード政権期におけるCEQ:Solid Work / p144 (0148.jp2)
  58. 1.CEQ不要論の立論とそこから導かれる考察ポイント / p144 (0148.jp2)
  59. 2.CEQを取り巻く状況 / p145 (0149.jp2)
  60. 3.CEQの活動内容:堅実な仕事(solid work) / p148 (0152.jp2)
  61. 4.機能評価の視座 / p151 (0155.jp2)
  62. 第4章 CEQの機能 PHASE II(1977年~) / p162 (0166.jp2)
  63. 第1節 CEQの強化:カーターの英断 / p163 (0167.jp2)
  64. 1.新たな権限の付与:大統領令11991号の発令 / p163 (0167.jp2)
  65. 2.組織変更計画をめぐる攻防 / p166 (0170.jp2)
  66. 3.1978年規則の制定と威信の増大 / p168 (0172.jp2)
  67. 4.主要活動領域の変化:調整機能の本格化に向けて / p170 (0174.jp2)
  68. 第2節 厳冬期のCEQ / p173 (0177.jp2)
  69. 1.レーガンカの大鉈、しかし… / p173 (0177.jp2)
  70. 2.レー-ガン政権期におけるCEQ:Behind the Scones / p175 (0179.jp2)
  71. 第3節 1990年代のCEQ / p180 (0184.jp2)
  72. 1.テキサスからの暖かい風 / p180 (0184.jp2)
  73. 2.1993年の危機とその後のサクセス・ストーリー / p182 (0186.jp2)
  74. 3.CEQの存立基盤とその本質的機能 / p185 (0189.jp2)
  75. 終章 「総合的な環境保全行政」のあり方と今後の展望 / p196 (0200.jp2)
  76. 補遺(図1および表1~7) / (0210.jp2)
7アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189412
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189695
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000353726
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ