EPMA無作為全面分析に基づいた焼結鉱の組成と組織の解析

この論文をさがす

著者

    • 汪, 志全 オウ, シゼン

書誌事項

タイトル

EPMA無作為全面分析に基づいた焼結鉱の組成と組織の解析

著者名

汪, 志全

著者別名

オウ, シゼン

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5104号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第一章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 製銑原料技術研究の歴史 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 本研究の目的 / p4 (0009.jp2)
  5. 参考文献 / p7 (0012.jp2)
  6. 第二章 高アルミナ焼結鉱の昇温還元と高温性状 / p8 (0013.jp2)
  7. 2.1 はじめに / p8 (0013.jp2)
  8. 2.2 実験 / p9 (0014.jp2)
  9. 2.3 実験結果 / p12 (0017.jp2)
  10. 2.4 考察 / p18 (0023.jp2)
  11. 2.5 結言 / p25 (0030.jp2)
  12. 参考文献 / p27 (0032.jp2)
  13. 第三章 EPMA無作為全面分析法による高アルミナ焼結鉱の組成解析 / p29 (0034.jp2)
  14. 3.1 はじめに / p29 (0034.jp2)
  15. 3.2 試料及び分析方法 / p31 (0036.jp2)
  16. 3.3 実験結果及び考察 / p35 (0040.jp2)
  17. 3.4 結言 / p49 (0054.jp2)
  18. 参考文献 / p54 (0059.jp2)
  19. 第四章 EPMA無作為全面分析法による低シリカ焼結鉱の組織解析 / p55 (0060.jp2)
  20. 4.1 はじめに / p55 (0060.jp2)
  21. 4.2 試料及び分析方法 / p57 (0062.jp2)
  22. 4.3 実験結果及び考察 / p58 (0063.jp2)
  23. 4.4 結言 / p70 (0075.jp2)
  24. 参考文献 / p71 (0076.jp2)
  25. 第五章 EPMA全面分析による焼結鉱中のカルシウムフェライト相の組成解析 / p72 (0077.jp2)
  26. 5.1 はじめに / p72 (0077.jp2)
  27. 5.2 試料及び分析方法 / p74 (0079.jp2)
  28. 5.3 実験結果及び考察 / p75 (0080.jp2)
  29. 5.4 結言 / p85 (0090.jp2)
  30. 参考文献 / p88 (0093.jp2)
  31. 第六章 EPMA全面分析による高アルミナ焼結鉱の還元過程の解明 / p89 (0094.jp2)
  32. 6.1 はじめに / p89 (0094.jp2)
  33. 6.2 実験 / p90 (0095.jp2)
  34. 6.3 実験結果 / p92 (0097.jp2)
  35. 6.4 考察 / p99 (0104.jp2)
  36. 6.5 結言 / p105 (0110.jp2)
  37. 参考文献 / p106 (0111.jp2)
  38. 第七章 総括 / p107 (0112.jp2)
  39. 謝辞 / (0115.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189547
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189830
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000353861
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ