食料の生産・供給に伴う地域における窒素循環と環境負荷の評価に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 南雲, 俊之 ナグモ, トシユキ

書誌事項

タイトル

食料の生産・供給に伴う地域における窒素循環と環境負荷の評価に関する研究

著者名

南雲, 俊之

著者別名

ナグモ, トシユキ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

甲第5180号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0006.jp2)
  2. 謝辞 / (0003.jp2)
  3. 要旨 / p1 (0004.jp2)
  4. 目次 / (0006.jp2)
  5. 第1章.はじめに / p1 (0008.jp2)
  6. 1.1.日本における食料の生産・供給に伴う窒素循環 / p1 (0008.jp2)
  7. 1.2.河川水の窒素汚染 / p1 (0008.jp2)
  8. 1.3.森林,農業(畜産),都市生態系の構成と窒素循環 / p3 (0010.jp2)
  9. 1.4.土地利用と水質 / p4 (0011.jp2)
  10. 1.5.目的と本論文の構成 / p7 (0014.jp2)
  11. 第2章.窒素収支モデルとその適用 / p9 (0016.jp2)
  12. 2.1.なぜ,窒素収支モデルなのか? / p9 (0016.jp2)
  13. 2.2.農地の窒素収支モデル / p10 (0017.jp2)
  14. 2.3.農地-家畜システムとしての農場の窒素循環モデル / p11 (0018.jp2)
  15. 2.4.農地-家畜-人間システムとしての地域の窒素循環モデル / p13 (0020.jp2)
  16. 第3章.北海道における食料の生産・供給に伴う窒素循環を見積もるための窒素フローモデルの方法 / p15 (0022.jp2)
  17. 3.1.モデルの概要 / p15 (0022.jp2)
  18. 3.2.フローの見積もり方法-北海道の市町村での場合- / p16 (0023.jp2)
  19. 3.3.フローの見積もり方法-旭川市の7地区での場合- / p20 (0027.jp2)
  20. 第4章.北海道における食料の生産・消費に伴う窒素循環の特徴 / p23 (0030.jp2)
  21. 4.1.目的 / p23 (0030.jp2)
  22. 4.2.材料と方法 / p23 (0030.jp2)
  23. 4.3.結果 / p27 (0034.jp2)
  24. 4.4.考察 / p31 (0038.jp2)
  25. 第5章.北海道における融雪期の河川水水質の特徴 / p36 (0043.jp2)
  26. 5.1.目的 / p36 (0043.jp2)
  27. 5.2.材料と方法 / p37 (0044.jp2)
  28. 5.3.結果 / p38 (0045.jp2)
  29. 5.4.考察 / p41 (0048.jp2)
  30. 第6章.北海道における廃棄窒素量,農地の蓄積窒素量と地下水ならびに河川水中の全窒素濃度との関係 / p47 (0054.jp2)
  31. 6.1.目的 / p47 (0054.jp2)
  32. 6.2.材料と方法 / p48 (0055.jp2)
  33. 6.3.結果と考察 / p49 (0056.jp2)
  34. 第7章.河川水の窒素汚染に対する食料の生産・供給に伴う窒素循環のインパクト / p58 (0065.jp2)
  35. 7.1.目的 / p58 (0065.jp2)
  36. 7.2.材料と方法 / p58 (0065.jp2)
  37. 7.3.結果 / p62 (0069.jp2)
  38. 7.4.考察 / p67 (0074.jp2)
  39. 第8章.廃棄物処分場などの点源を含む農林生態系をもつ流域における河川への窒素負荷の特徴 / p71 (0078.jp2)
  40. 8.1.目的 / p71 (0078.jp2)
  41. 8.2.材料と方法 / p72 (0079.jp2)
  42. 8.3.結果 / p74 (0081.jp2)
  43. 8.4.考察 / p79 (0086.jp2)
  44. 第9章.土地利用型畜産経営体における窒素循環と河川水を通しての窒素流出の特徴 / p84 (0091.jp2)
  45. 9.1.目的 / p84 (0091.jp2)
  46. 9.2.材料と方法 / p85 (0092.jp2)
  47. 9.3.結果 / p90 (0097.jp2)
  48. 9.4.考察 / p97 (0104.jp2)
  49. 第10章.総合考察 / p105 (0112.jp2)
  50. 10.1.北海道における窒素循環と河川水の窒素汚染 / p106 (0113.jp2)
  51. 10.2.窒素フローモデルを用いた定量的な環境影響評価 / p107 (0114.jp2)
  52. 10.3.窒素循環におけるアンモニア揮散の重要性 / p111 (0118.jp2)
  53. 第11章.要約 / p114 (0121.jp2)
  54. 引用文献 / p117 (0124.jp2)
  55. 付表 / p127 (0134.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189623
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189906
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000353937
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ