固着生物の創り出す二次的な生息場所が岩礁潮間帯の底棲生物群集に与える影響

この論文をさがす

著者

    • 宮本, 康 ミヤモト, ヤスシ

書誌事項

タイトル

固着生物の創り出す二次的な生息場所が岩礁潮間帯の底棲生物群集に与える影響

著者名

宮本, 康

著者別名

ミヤモト, ヤスシ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (水産学)

学位授与番号

甲第5210号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 学位論文内容の要旨 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0006.jp2)
  3. 第1章 緒言 / p1 (0009.jp2)
  4. 第2章 一次(岩)基質利用者の帯状分布に依存した岩礁潮間帯の表在性底棲生物の群集構造 / p5 (0013.jp2)
  5. 調査地と方法 / p7 (0015.jp2)
  6. 結果 / p12 (0020.jp2)
  7. 考察 / p31 (0039.jp2)
  8. 第3章 ムラサキインコガイ帯における一年生藻類群集の維持機構:グレージング、種間競争、生息基質の効果 / p36 (0044.jp2)
  9. 調査地と方法 / p38 (0046.jp2)
  10. 結果 / p42 (0050.jp2)
  11. 考察 / p50 (0058.jp2)
  12. 第4章 ムラサキインコガイ帯における物理的撹乱の時空間変化 / p62 (0070.jp2)
  13. 調査地と方法 / p64 (0072.jp2)
  14. 結果 / p67 (0075.jp2)
  15. 考察 / p79 (0087.jp2)
  16. 第5章 ムラサキインコガイ帯における撹乱の強度と種多様性の関係:生息基質、生息場所の大きさ、撹乱の尺度が種多様性に与える影響 / p88 (0096.jp2)
  17. 調査地と方法 / p90 (0098.jp2)
  18. 結果 / p97 (0105.jp2)
  19. 考察 / p107 (0115.jp2)
  20. 第6章 総合考察 / p112 (0120.jp2)
  21. パッチスケールで二次基質が底棲生物群集に影響を与える過程 / p112 (0120.jp2)
  22. 潮間帯全域スケールで二次基質が底棲生物群集に影響を与える過程 / p114 (0122.jp2)
  23. 大型固着生物による二次基質提供の効果の一般性(パッチスケール) / p115 (0123.jp2)
  24. 大型固着生物による二次基質提供の効果の一般性(潮間帯全域スケール) / p118 (0126.jp2)
  25. 結論 / p118 (0126.jp2)
  26. 要約 / p121 (0129.jp2)
  27. 謝辞 / p125 (0133.jp2)
  28. 引用文献 / p126 (0134.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189653
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189936
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000353967
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ