薬用植物の産生するストレス化合物と生薬成分 : セリ科薬用植物を中心として

この論文をさがす

著者

    • 増田, 隆広 マスダ, タカヒロ

書誌事項

タイトル

薬用植物の産生するストレス化合物と生薬成分 : セリ科薬用植物を中心として

著者名

増田, 隆広

著者別名

マスダ, タカヒロ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (地球環境科学)

学位授与番号

甲第5234号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0003.jp2)
  3. 1.1 はじめに―研究の背景― / p2 (0006.jp2)
  4. 1.2 本研究の大略 / p3 (0007.jp2)
  5. 参考文献 / p4 (0008.jp2)
  6. 第2章 薬用植物のストレス化合物産生能スクリーニングテスト / p5 (0009.jp2)
  7. 2.1 実験材料および方法 / p6 (0010.jp2)
  8. 2.2 結果および考察 / p7 (0011.jp2)
  9. 第3章 ハマボウフウのストレス化合物と生薬および地上部成分 / p28 (0032.jp2)
  10. 3.1 序論 / p29 (0033.jp2)
  11. 3.2 ストレス化合物の誘導、単離および構造決定 / p30 (0034.jp2)
  12. 3.3 ストレス化合物含量の経時変化 / p35 (0039.jp2)
  13. 3.4 北方型浜防風の調製条件とストレス化合物含量 / p37 (0041.jp2)
  14. 3.5 南方型浜防風の調製条件とストレス化合物含量 / p40 (0044.jp2)
  15. 3.6 ハマボウフウ地上部の保存条件とストレス化合物含量 / p44 (0048.jp2)
  16. 3.7 実験部 / p52 (0056.jp2)
  17. 参考文献 / p56 (0060.jp2)
  18. 第4章 ボウフウのストレス化合物と生薬成分 / p58 (0062.jp2)
  19. 4.1 序論 / p59 (0063.jp2)
  20. 4.2 ストレス化合物含量の経時変化 / p59 (0063.jp2)
  21. 4.3 防風の調製条件とストレス化合物含量 / p60 (0064.jp2)
  22. 4.4 市場品防風中のストレス化合物含量 / p63 (0067.jp2)
  23. 4.5 実験部 / p64 (0068.jp2)
  24. 参考文献 / p64 (0068.jp2)
  25. 第5章 トウキおよびホッカイトウキのストレス化合物と生薬成分 / p65 (0069.jp2)
  26. 5.1 序論 / p66 (0070.jp2)
  27. 5.2 ストレス化合物の単離、構造決定および経時変化 / p66 (0070.jp2)
  28. 5.3 大和当帰および北海当帰の調製条件とストレス化合物の含量 / p69 (0073.jp2)
  29. 5.4 ホッカイトウキ地上部のストレス化合物産生能 / p70 (0074.jp2)
  30. 5.5 実験部 / p72 (0076.jp2)
  31. 参考文献 / p72 (0076.jp2)
  32. 第6章 センキュウのストレス化合物と生薬成分 / p73 (0077.jp2)
  33. 6.1 序論 / p74 (0078.jp2)
  34. 6.2 ストレス化合物の誘導、単離および構造決定 / p74 (0078.jp2)
  35. 6.3 実験部 / p77 (0081.jp2)
  36. 参考文献 / p78 (0082.jp2)
  37. 第7章 セリ科薬用植物の産生するストレス化合物 / p79 (0083.jp2)
  38. 7.1 序論 / p80 (0084.jp2)
  39. 7.2 ストレス化合物の分析結果および考察 / p80 (0084.jp2)
  40. 7.3 実験部 / p82 (0086.jp2)
  41. 参考文献 / p82 (0086.jp2)
  42. 第8章 シャクヤクのストレス化合物と生薬成分 / p83 (0087.jp2)
  43. 8.1 序論 / p84 (0088.jp2)
  44. 8.2 ストレス化合物の誘導、単離および構造決定 / p84 (0088.jp2)
  45. 8.3 ストレス化合物およびモノテルペン配糖体含量の経時変化 / p87 (0091.jp2)
  46. 8.4 市場品芍薬中のストレス化合物含量 / p88 (0092.jp2)
  47. 8.5 実験部 / p89 (0093.jp2)
  48. 参考文献 / p90 (0094.jp2)
  49. 第9章 総括 / p91 (0095.jp2)
  50. 謝辞 / p95 (0099.jp2)
  51. 国産浜防風の化学的品質評価 / p655 (0104.jp2)
  52. ハマボウフウ若芽の保存とストレス化合物の産生 / p241 (0111.jp2)
  53. NEW XENIA DITERPENOIDS FROM A XENIA SPECIES OF A SOFT CORAL¹ / p13121 (0117.jp2)
  54. Total Synthesis of the Polyene Macrolide Antibiotic Roxaticin.I.Synthesis of the Polyol Fragment of Roxaticin Using a Four-Carbon Chain Extension Strategy / p5299 (0125.jp2)
  55. IRREGULAR CEMBRANOIDS CONTAINING A 13-MEMBERED CARBOCYCLIC SKELETON ISOLATED FROM A SOFT CORAL,SARCOPHYTON SPECIES / p5291 (0133.jp2)
  56. PSORALEN AND OTHER LINEAR FURANOCOUMARINS AS PHYTOALEXINS IN GLEHNIA LITTORALIS﹡ / p13 (0135.jp2)
  57. THREE 4'-HYDROXYACETOPHENONE-RELATED PHYTOALEXINS FROM POLYMNIA SONCHIFOLIA﹡ / p1019 (0139.jp2)
  58. Analgesic Components of Glehnia Root(Glehnia littoralis)¹⁾ / p491 (0143.jp2)
  59. 北海道産浜防風の調製法とフロクマリン含量 / p399 (0155.jp2)
  60. 鳥取県産ハマボウフウを基原とする浜防風の調製法と化学的品質評価 / p442 (0162.jp2)
9アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189677
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189960
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000353991
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ