「自治体社会教育」の創造過程に関する実証的研究

この論文をさがす

著者

    • 内田, 和浩 ウチダ, カズヒロ

書誌事項

タイトル

「自治体社会教育」の創造過程に関する実証的研究

著者名

内田, 和浩

著者別名

ウチダ, カズヒロ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (教育学)

学位授与番号

乙第5580号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 序章 課題と方法 / p1 (0003.jp2)
  3. 第1節 自治を生み出す力~最近の北海道内の動き~ / p1 (0003.jp2)
  4. 1、はじめに / p1 (0003.jp2)
  5. 2、自治体職員による自主研究グループの動き / p3 (0004.jp2)
  6. 3、「自治を生み出す学び」のネットワーク化 / p4 (0005.jp2)
  7. 第2節 先駆的な自治体の取り組みと可能性 / p6 (0006.jp2)
  8. 1、先駆的首長の取り組みに見る「情報共有」 / p6 (0006.jp2)
  9. 2、「住民と職員の協働」による公共施設づくり / p9 (0007.jp2)
  10. 第3節 本論文の課題と構成 / p9 (0007.jp2)
  11. 1、本論文の課題と位置づけ / p9 (0007.jp2)
  12. 2、本論文の構成 / p12 (0009.jp2)
  13. 第1章 「地域づくりの主体」形成と「自治体社会教育」 / p14 (0010.jp2)
  14. 第1節 先行研究の検討 / p14 (0010.jp2)
  15. 1、はじめに / p14 (0010.jp2)
  16. 2、「先駆自治体」と「市民」・自治体職員 / p16 (0011.jp2)
  17. 3、「内発的発展」と地域住民の学習 / p17 (0011.jp2)
  18. 4、地域社会教育実践と「地域づくり教育」 / p18 (0012.jp2)
  19. 5、「社会教育労働・労働論」と自治体公務労働 / p19 (0012.jp2)
  20. 6、社会教育研究における「地方自治」「自治体」研究 / p20 (0013.jp2)
  21. 7、住民参加をめぐって~参加論から協働論へ~ / p22 (0014.jp2)
  22. 第2節 理論的枠組みの整理 / p23 (0014.jp2)
  23. 1、意識変革としての「地域づくりの主体」形成 / p23 (0014.jp2)
  24. 2、地域社会教育実践の展開構造 / p24 (0015.jp2)
  25. 3、現行自治体社会教育職員制度・運用システムの矛盾 / p26 (0016.jp2)
  26. 4、社会教育労働と自治体公務労働 / p27 (0016.jp2)
  27. 5、「地域づくりの主体」と自治体の政策過程 / p29 (0017.jp2)
  28. 第3節 小括~「自治体社会教育」の創造の見取り図~ / p34 (0020.jp2)
  29. 1、はじめに / p34 (0020.jp2)
  30. 2、「地域づくりの主体」形成のシステム化 / p34 (0020.jp2)
  31. 3、おわりに / p36 (0021.jp2)
  32. 第2章 前段実践過程としての地域社会教育実践~八雲町を事例に~ / p38 (0022.jp2)
  33. はじめに / p38 (0022.jp2)
  34. 第1節 社会教育専門職員と地域社会教育実践の展開 / p38 (0022.jp2)
  35. 1、本節の課題 / p38 (0022.jp2)
  36. 2、地域社会教育実践の存立構造 / p38 (0022.jp2)
  37. 3、A氏の意識変革と地域社会教育実践の展開 / p48 (0027.jp2)
  38. 4、地域社会教育実践の時期区分とその担い手の特徴 / p53 (0029.jp2)
  39. 5、本節のまとめ / p54 (0030.jp2)
  40. 第2節 地域社会教育実践の展開構造 / p56 (0031.jp2)
  41. 1、本節の課題 / p56 (0031.jp2)
  42. 2、前史「農村・青年団活動中心」 / p56 (0031.jp2)
  43. 3、地域青年活動の段階 / p56 (0031.jp2)
  44. 4、地域青年活動のネットワーク化の段階 / p61 (0033.jp2)
  45. 5、イベント型・文化創造型地域社会教育実践の段階 / p67 (0036.jp2)
  46. 6、協同型地域社会教育実践の段階 / p75 (0040.jp2)
  47. 7、地域生涯学習計画の実践的創造の段階 / p81 (0043.jp2)
  48. 8、本節のまとめ / p85 (0045.jp2)
  49. 第3節 リーダー層の「地域づくりの主体」形成過程 / p89 (0047.jp2)
  50. 1、はじめに / p89 (0047.jp2)
  51. 2、第1グループリーダーI① / p89 (0047.jp2)
  52. 3、第2グループリーダーII① / p96 (0051.jp2)
  53. 4、第3グループリーダーIII① / p102 (0054.jp2)
  54. 5、第4グループリーダーIV① / p107 (0056.jp2)
  55. 6、本節のまとめ / p112 (0059.jp2)
  56. 第4節 八雲町の地域社会教育実践の到達点と総括 / p116 (0061.jp2)
  57. 1、到達点としての「地域生涯学習計画の実践的創造の段階」 / p116 (0061.jp2)
  58. 2、「地域生涯学習計画の実践的創造の段階」を可能にした条件 / p116 (0061.jp2)
  59. 3、八雲町の「地域生涯学習計画の実践的創造の段階」の問題点 / p118 (0062.jp2)
  60. 4、今後の展望と課題 / p120 (0063.jp2)
  61. 第3章 「後段実践過程」としての自治体政策過程~白老町を事例に~ / p122 (0064.jp2)
  62. はじめに / p122 (0064.jp2)
  63. 第1節 「元気まち運動」の展開構造 / p122 (0064.jp2)
  64. 1、本節の課題 / p122 (0064.jp2)
  65. 2、「元気まち運動」の背景 / p122 (0064.jp2)
  66. 3、「元気まち運動」の展開構造 / p130 (0068.jp2)
  67. 4、アクションリサーチの展開 / p142 (0074.jp2)
  68. 5、本節のまとめ / p144 (0075.jp2)
  69. 第2節 住民リーダーの「地域づくりの主体」形成 / p145 (0075.jp2)
  70. 1、本節の課題 / p145 (0075.jp2)
  71. 2、地域婦人会・消費者運動リーダー / p146 (0076.jp2)
  72. 3、イベントリーダー・町議会議員 / p150 (0078.jp2)
  73. 4、子育てネットワークリーダー / p155 (0080.jp2)
  74. 5、福祉・ボランティアリーダー / p161 (0083.jp2)
  75. 6、本節のまとめ / p165 (0085.jp2)
  76. 【参考資料】 / p171 (0088.jp2)
  77. 第3節 自治体職員の自己形成と「元気まち運動」 / p191 (0098.jp2)
  78. 1、本節の課題 / p191 (0098.jp2)
  79. 2、職員Aさんの場合 / p191 (0098.jp2)
  80. 3、職員Bさんの場合 / p199 (0102.jp2)
  81. 4、管理職職員Cさんの場合 / p205 (0105.jp2)
  82. 5、管理職職員Dさんの場合 / p214 (0110.jp2)
  83. 6、自治体職員の学習過程の特徴 / p220 (0113.jp2)
  84. 7、「協働」へ向けた「元気まち運動」の展開 / p223 (0114.jp2)
  85. 【参考資料】 / p230 (0118.jp2)
  86. 第4節 「元気まち運動」における管理職労働 / p241 (0123.jp2)
  87. 1、はじめに / p241 (0123.jp2)
  88. 2、「元気まち推進課」3年間の歩みと管理職労働 / p241 (0123.jp2)
  89. 3、管理職職員の果たす役割と管理職労働 / p245 (0125.jp2)
  90. 4、本節のまとめ / p248 (0127.jp2)
  91. 第4章 「自治体社会教育」創造へ向けて / p249 (0127.jp2)
  92. 第1節 地域社会教育実践と自治体政策過程 / p249 (0127.jp2)
  93. 1、はじめに / p249 (0127.jp2)
  94. 2、八雲町にみる地域社会教育実践と政策過程 / p249 (0127.jp2)
  95. 3、白老町にみる政策過程と地域社会教育実践 / p251 (0128.jp2)
  96. 4、自治体公務労働と社会教育労働 / p252 (0129.jp2)
  97. 第2節 求められる社会教育労働とその内実 / p254 (0130.jp2)
  98. 1、はじめに / p254 (0130.jp2)
  99. 2、「後段実践過程」が求めている社会教育労働 / p254 (0130.jp2)
  100. 3、「前段実践過程」と「後段実践過程」をつなぐ社会教育労働 / p256 (0131.jp2)
  101. 4、小括 / p256 (0131.jp2)
  102. 第3節 「社会教育専門労働の担い手」創造 / p258 (0132.jp2)
  103. 1、現行社会教育専門職員制度の実践的且つ制度・運用的限界 / p258 (0132.jp2)
  104. 2、「社会教育専門労働の担い手」とは / p259 (0132.jp2)
  105. 3、「社会教育専門労働の担い手」創造へ向けて / p262 (0134.jp2)
  106. 終章 総括 「自治体社会教育」の可能性 / p268 (0137.jp2)
  107. はじめに / p268 (0137.jp2)
  108. 第1節 本論文の総括 / p268 (0137.jp2)
  109. 1、実証分析で明らかになったこと / p268 (0137.jp2)
  110. 2、先行研究に対する理論的成果 / p271 (0138.jp2)
  111. 第2節 実践的展望と今後の課題 / p275 (0140.jp2)
  112. 1、実践的展望と可能性 / p275 (0140.jp2)
  113. 2、「自治体社会教育」研究の今後の課題 / p276 (0141.jp2)
  114. 3、おわりに / p277 (0141.jp2)
9アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189685
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000189968
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000353999
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ