海上流出油の回収に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 岡本, 博之 オカモト, ヒロユキ

書誌事項

タイトル

海上流出油の回収に関する研究

著者名

岡本, 博之

著者別名

オカモト, ヒロユキ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5625号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / 目次1 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1-1 海洋油汚染の現状と問題 / p1 (0006.jp2)
  4. 1-2 海洋大規模油汚染の事例 / p2 (0007.jp2)
  5. 1-3 海洋油汚染防止に関する法体制 / p4 (0009.jp2)
  6. 1-4 本研究の立場と目的 / p6 (0011.jp2)
  7. 1-5 本論文の構成 / p7 (0012.jp2)
  8. 第2章 海上流出油の処理方法と技術的問題 / p11 (0016.jp2)
  9. 2-1 海上流出油の処理方法 / p11 (0016.jp2)
  10. 2-2 海上流出油の物理的回収方法 / p13 (0018.jp2)
  11. 2-3 油回収装置の事例 / p14 (0019.jp2)
  12. 2-4 油回収に関する技術的問題 / p15 (0020.jp2)
  13. 2-5 本章のまとめ / p17 (0022.jp2)
  14. 第3章 海上流出油の性状変化 / p26 (0030.jp2)
  15. 3-1 流出油の性状変化に関する問題 / p26 (0030.jp2)
  16. 3-2 供試C重油の基本特性 / p27 (0031.jp2)
  17. 3-3 油膜拡張速度の測定 / p30 (0034.jp2)
  18. 3-4 油・水混合体の粘度測定 / p33 (0037.jp2)
  19. 3-5 油水分離の試み / p38 (0042.jp2)
  20. 3-6 本章のまとめ / p41 (0045.jp2)
  21. 第4章 流出油の付着性とブラシコンベアーの回収効率 / p43 (0047.jp2)
  22. 4-1 流出油の付着回収に関する問題 / p43 (0047.jp2)
  23. 4-2 重油の付着実験 / p43 (0047.jp2)
  24. 4-3 ぬれを利用した低粘度油の回収 / p44 (0048.jp2)
  25. 4-4 本章のまとめ / p49 (0053.jp2)
  26. 第5章 ブラシコンベアー・システムの性能試験 / p60 (0064.jp2)
  27. 5-1 ブラシコンベア一・システムの開発 / p60 (0064.jp2)
  28. 5-2 LSCの構成 / p60 (0064.jp2)
  29. 5-3 試験油 / p62 (0066.jp2)
  30. 5-4 水流確認試験 / p63 (0067.jp2)
  31. 5-5 油回収の性能試験 / p64 (0068.jp2)
  32. 5-6 本章のまとめ / p67 (0071.jp2)
  33. 第6章 真空吸引式油回収法の開発 / p83 (0087.jp2)
  34. 6-1 真空吸引式油回収法の利点 / p83 (0087.jp2)
  35. 6-2 真空吸引式油回収法の問題点 / p84 (0088.jp2)
  36. 6-3 油コア流(CAF)応用性 / p84 (0088.jp2)
  37. 6-4 二重吸引口の開発 / p85 (0089.jp2)
  38. 6-5 本章のまとめ / p88 (0092.jp2)
  39. 第7章 高さ関数を用いたオイルコア流の解析 / p96 (0100.jp2)
  40. 7-1 CAFに関する既往の研究と問題点 / p96 (0100.jp2)
  41. 7-2 基礎方程式 / p96 (0100.jp2)
  42. 7-3 圧力損失とコア形状 / p100 (0104.jp2)
  43. 7-4 本章のまとめ / p114 (0118.jp2)
  44. 第8章 改良VOF法を用いた油塊流れの計算 / p117 (0121.jp2)
  45. 8-1 油塊流れの計算問題 / p117 (0121.jp2)
  46. 8-2 基礎方程式 / p118 (0122.jp2)
  47. 8-3 VOF法 / p119 (0123.jp2)
  48. 8-4 コア流れの計算計算 / p128 (0132.jp2)
  49. 8-5 本章のまとめ / p139 (0143.jp2)
  50. 第9章 油コア流による油水の管送に関する研究 / p142 (0146.jp2)
  51. 9-1 油水CAF流送試験 / p142 (0146.jp2)
  52. 9-2 油水CAFの流送試験方法 / p142 (0146.jp2)
  53. 9-3 油水CAFの流送試験結果 / p143 (0147.jp2)
  54. 9-4 CAFの圧力損失式の検討 / p145 (0149.jp2)
  55. 9-5 本章のまとめ / p148 (0152.jp2)
  56. 第10章 真空吸引式高性能油回収システムの開発 / p158 (0162.jp2)
  57. 10-1 真空吸引式油回収システムの開発指針 / p158 (0162.jp2)
  58. 10-2 大型油回収システムの仕様 / p158 (0162.jp2)
  59. 10-3 油回収能力の評価試験 / p161 (0165.jp2)
  60. 10-4 台船模擬操業による機能評価 / p169 (0173.jp2)
  61. 10-5 実船操業による性能評価 / p170 (0174.jp2)
  62. 10-6 高性能油回収装置の開発に関する考察 / p171 (0175.jp2)
  63. 10-7 本章のまとめ / p172 (0176.jp2)
  64. 第11章 本研究の結論 / p196 (0200.jp2)
  65. 11-1 本研究の展開 / p196 (0200.jp2)
  66. 11-2 海上流出油の処理方法と技術的問題 / p198 (0202.jp2)
  67. 11-3 海上流出油の性状変化 / p198 (0202.jp2)
  68. 11-4 流出油の付着性とブラシコンベアーの回収効率 / p199 (0203.jp2)
  69. 11-5 ブラシコンベアー・システムの性能試験 / p200 (0204.jp2)
  70. 11-6 真空吸引式油回収法の開発 / p201 (0205.jp2)
  71. 11-7 高さ関数を用いたオイルコア流の解析 / p202 (0206.jp2)
  72. 11-8 改良VOF法を用いた油塊流れの計算 / p202 (0206.jp2)
  73. 11-9 油コア流による油水の管送に関する研究 / p203 (0207.jp2)
  74. 11-10 真空吸引式高性能油回収システムの開発 / p204 (0208.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189730
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000190013
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000354044
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ