ニホンナシ(Pyrus serotina var. culta)'豊水'におけるみつ症の発生とその防止に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 猪股, 雄司 イノマタ, ユウジ

書誌事項

タイトル

ニホンナシ(Pyrus serotina var. culta)'豊水'におけるみつ症の発生とその防止に関する研究

著者名

猪股, 雄司

著者別名

イノマタ, ユウジ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第5628号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 果実熟度、温度および樹冠内着生条件とみつ症発生との関連 / p4 (0008.jp2)
  4. 第1節 みつ症発生に及ぼす果実熟度の影響 / p4 (0008.jp2)
  5. 第2節 みつ症発生に及ぼす気温の影響 / p12 (0016.jp2)
  6. I.生育期間の気温の推移とみつ症発生との関連 / p13 (0017.jp2)
  7. II.6月および7月の温度条件がみつ症発生に及ぼす影響 / p16 (0020.jp2)
  8. 第3節 みつ症発生と樹冠内の果実着生条件との関連 / p29 (0033.jp2)
  9. 第2章 果肉組織における細胞膜透過性とみつ症発生との関連 / p37 (0041.jp2)
  10. 第1節 果肉組織の細胞膜透過性の測定条件 / p37 (0041.jp2)
  11. 第2節 みつ症発生果および7月に温度処理した果実における果肉組織の細胞膜透過性の変化 / p46 (0050.jp2)
  12. I.みつ症発生果肉組織と健全果肉組織における細胞膜透過性の比較 / p47 (0051.jp2)
  13. II.みつ症未発生果肉組織の細胞膜透過性に及ぼす7月期温度処理の影響 / p48 (0052.jp2)
  14. III.7月期温度処理によるみつ症未発生果肉組織の細胞膜透過性の経時的変化 / p50 (0054.jp2)
  15. 第3章 みつ症発生とエチレンおよびジベレリンとの関連 / p59 (0063.jp2)
  16. 第1節 みつ症発生とエチレンとの関連 / p59 (0063.jp2)
  17. I.果実におけるエチレン生成量の測定方法 / p60 (0064.jp2)
  18. II.みつ症発生および果肉組織の細胞膜透過性に及ぼすエチレン発生剤のエテホンの散布の影響 / p67 (0071.jp2)
  19. III.果実の内部ガス組成、ACC含量、EFE活性およびエチレン生成量に及ぼすみつ症発生または7月期温度処理の影響 / p72 (0076.jp2)
  20. 第2節 みつ症発生とジベレリン様物質の活性との関連 / p80 (0084.jp2)
  21. I.みつ症発生および果肉組織の細胞膜透過性に及ぼすジベレリン外与の影響 / p81 (0085.jp2)
  22. II.果実内ジベレリン様物質の活性に及ぼす7月期温度処理の影響 / p86 (0090.jp2)
  23. 第4章 ジベレリン生合成阻害物質処理によるみつ症発生の抑制 / p91 (0095.jp2)
  24. 第1節 みつ症発生、果実品質および新梢伸長に及ぼすジベレリン生合成阻害物質処理の影響 / p91 (0095.jp2)
  25. 第2節 果肉組織の内部ガス組成および細胞膜透過性に及ぼすジベレジン生合成阻害物質処理の影響 / p104 (0108.jp2)
  26. 第5章 炭酸カルシウム水和剤散布によるみつ症発生の抑制 / p110 (0114.jp2)
  27. 第1節 果実の被袋処理および果実温度と外気温との較差とみつ症発生との関連 / p110 (0114.jp2)
  28. 第2節 炭酸カルシウム水和剤散布とみつ症発生との関連 / p119 (0123.jp2)
  29. I.みつ症発生、果実品質および新梢伸長に及ぼす炭酸カルシウム水和剤散布の影響 / p120 (0124.jp2)
  30. II.みつ症発生とカルシウム剤との関連 / p127 (0131.jp2)
  31. 第6章 非破壊検査法によるみつ症の診断 / p139 (0143.jp2)
  32. 第1節 超音波検査機によるみつ症の非破壊診断 / p139 (0143.jp2)
  33. 第2節 X線CTスキャナによるみつ症の非破壊診断 / p143 (0147.jp2)
  34. 第7章 総合考察 / p149 (0153.jp2)
  35. 摘要 / p158 (0162.jp2)
  36. 謝辞 / p172 (0176.jp2)
  37. 引用文献 / p173 (0177.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189733
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000190016
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000354047
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ