水戸派国学の研究

この論文をさがす

著者

    • 梶山, 孝夫 カジヤマ, タカオ

書誌事項

タイトル

水戸派国学の研究

著者名

梶山, 孝夫

著者別名

カジヤマ, タカオ

学位授与大学

皇学館大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第5号

学位授与年月日

2000-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p9 (0002.jp2)
  2. 序論 水戸派国学の提唱 / p1 (0005.jp2)
  3. 第一章 水戸派国学研究の視点-研究史 / p3 (0006.jp2)
  4. 第二章 水戸派国学について(1) / p8 (0009.jp2)
  5. 第三章 水戸派国学について(2) / p19 (0014.jp2)
  6. 第四章 「水戸学の国学化」について / p31 (0020.jp2)
  7. 第一編 水戸派国学の成立 / p41 (0025.jp2)
  8. 第一章 徳川光圀の古典観と『香玉詠藻』 / p43 (0026.jp2)
  9. 第二章 徳川光圀と万葉集-長流・契沖との交流を中心に / p54 (0032.jp2)
  10. 第三章 徳川光圀と国学者 / p71 (0040.jp2)
  11. 第四章 徳川光圀と安藤抱琴 / p84 (0047.jp2)
  12. 第五章 安藤年山の生涯とその学的系譜 / p97 (0053.jp2)
  13. 第六章 安藤年山『栄花物語考』について / p107 (0058.jp2)
  14. 第七章 安藤年山『紫家七論』について / p119 (0064.jp2)
  15. 第八章 安藤年山『年山紀聞』について / p143 (0076.jp2)
  16. 第九章 安藤年山『千年山集』について / p157 (0083.jp2)
  17. 第十章 伴香竹について-『鵜舟のすさみ』の記述をめぐつて / p169 (0089.jp2)
  18. 第二編 水戸派国学の中枢・吉田活堂 / p177 (0093.jp2)
  19. 第一章 吉田活堂の学問形成 / p179 (0094.jp2)
  20. 第二章 吉田活堂の交遊 / p205 (0107.jp2)
  21. 第一節 烈公斉昭 / p205 (0107.jp2)
  22. 第二節 清水浜臣 / p215 (0112.jp2)
  23. 第三節 江沢講修 / p221 (0115.jp2)
  24. 第四節 藤田東湖 / p227 (0118.jp2)
  25. 第五節 長島尉信 / p233 (0121.jp2)
  26. 第三章 吉田活堂の著述 / p240 (0125.jp2)
  27. 第一節 小倉の花 / p240 (0125.jp2)
  28. 第二節 鎖狂録 / p251 (0130.jp2)
  29. 第三節 江沢講修 吉田令世 史談歌話 / p262 (0136.jp2)
  30. 第四節 水の一すち / p267 (0138.jp2)
  31. 第五節 鵜舟のすさみ / p277 (0143.jp2)
  32. 第六節 秋哥合と二拾八番歌合 / p294 (0152.jp2)
  33. 第七節 難霊能真柱 / p310 (0160.jp2)
  34. 第八節 はるのすさび / p320 (0165.jp2)
  35. 第九節 之呂考 / p330 (0170.jp2)
  36. 第十節 養老の記 / p340 (0175.jp2)
  37. 第十一節 歴代和歌勅撰考 / p343 (0176.jp2)
  38. 第四章 吉田璞堂の国学-『曝井歌考』について / p352 (0181.jp2)
  39. 第三編 水戸派国学の展開(一) / p369 (0189.jp2)
  40. 第一章 徳川斉昭の国学 / p371 (0190.jp2)
  41. 第二章 徳川斉昭と国学者(1)-国学者の斉昭憧憬 / p380 (0195.jp2)
  42. 第三章 徳川斉昭と国学者(2)-大国隆正『やまとごころ』をめぐつて / p392 (0201.jp2)
  43. 第四章 水戸学と塙保己一-水戸藩との接触 / p407 (0208.jp2)
  44. 第五章 水戸派と平田派-篤胤の水戸藩仕官運動について / p417 (0213.jp2)
  45. 第六章 国学三派の相互交流-水戸藩における与清と篤胤 / p439 (0224.jp2)
  46. 第七章 水戸学と幕末国学者(1)-伊能穎則 / p456 (0233.jp2)
  47. 第八章 水戸学と幕末国学者(2)-羽田野敬雄 / p467 (0238.jp2)
  48. 第九章 水戸学と幕末国学者(3)-宮田篤親と角田忠行 / p480 (0245.jp2)
  49. 第四編 水戸派国学の展開(二) / p489 (0249.jp2)
  50. 第一章 後期水戸学派と『明倫歌集』 / p491 (0250.jp2)
  51. 第二章 小滓氏の国学-『訓義考』を中心として / p523 (0266.jp2)
  52. 第三章 藤田東湖の国学観-『弘道館記述義』を中心として / p533 (0271.jp2)
  53. 第四章 会沢正志斎の国学観 / p547 (0278.jp2)
  54. 第五章 水戸学と国学(1)-塙保己一『花咲松』をめぐつて / p558 (0284.jp2)
  55. 第六章 水戸学と国学(2)-平田篤胤『玉たすき』をめぐつて / p575 (0292.jp2)
  56. 第七章 水戸学と国学(3)-伴信友の著述をめぐつて / p585 (0297.jp2)
  57. 第五編 水戸学と神道 / p599 (0304.jp2)
  58. 第一章 水戸学と神道(1)-伊勢神道との関係を中心として / p601 (0305.jp2)
  59. 第二章 水戸学と神道(2)-垂加神道をめぐつて / p617 (0313.jp2)
  60. 第三章 水戸学と鹿島神宮-烈公斉昭の崇敬を中心として / p628 (0319.jp2)
  61. 結論 水戸学における国学の意味 / p639 (0324.jp2)
  62. 付録 / p661 (0335.jp2)
  63. 一 鎖狂録 / p663 (0336.jp2)
  64. 二 難霊能真柱 / p691 (0350.jp2)
  65. 索引 / p1 (0368.jp2)
21アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189761
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000190044
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000354075
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ