胃癌の浸潤転移におけるurokinase type plasminogen activator(uPA)の意義に関する研究 : uPA活性発現における癌細胞並びに腫瘍間質細胞の役割と相互作用に着目して

この論文をさがす

著者

    • 大草, 康 オオクサ, ヤスシ

書誌事項

タイトル

胃癌の浸潤転移におけるurokinase type plasminogen activator(uPA)の意義に関する研究 : uPA活性発現における癌細胞並びに腫瘍間質細胞の役割と相互作用に着目して

著者名

大草, 康

著者別名

オオクサ, ヤスシ

学位授与大学

学位授与機構

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

第115号

学位授与年月日

2000-02-28

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第I章.緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 第II章.胃癌組織におけるuPA関連酵素発現と浸潤転移との関連 / p3 (0007.jp2)
  4. 第1節.胃癌組織のuPA、PAI-1活性発現の臨床的意義...基礎論文1、2 / p3 (0007.jp2)
  5. 第2節.胃癌組織のuPA活性とtype IV collagenaseとの関連 / p7 (0011.jp2)
  6. 第3節.考察 / p10 (0014.jp2)
  7. 第4節.小括 / p14 (0018.jp2)
  8. 第III章.胃癌組織におけるuPAの局在 / p15 (0019.jp2)
  9. 第1節.胃癌組織における癌細胞および間質細胞のuPA発現の...基礎論文1 / p15 (0019.jp2)
  10. 第2節.考察 / p18 (0022.jp2)
  11. 第3節.小括 / p20 (0024.jp2)
  12. 第IV章.胃癌細胞の浸潤能発現におけるuPA systemの役割 / p21 (0025.jp2)
  13. 第1節.In vitroにおける胃癌細胞の浸潤能とuPAの関連 / p21 (0025.jp2)
  14. 第2節.uPA systemにおける癌細胞および間質細胞の相互関係 / p24 (0028.jp2)
  15. 第3節.考察 / p28 (0032.jp2)
  16. 第4節.小括 / p30 (0034.jp2)
  17. 第V章 総括的考察 / p31 (0035.jp2)
  18. 第VI章 結論 / p34 (0038.jp2)
  19. 謝辞 / p35 (0039.jp2)
  20. 図表 / p36 (0040.jp2)
  21. 文献 / p63 (0067.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189774
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000190057
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000354088
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ