生体用純チタンおよび(α+β)型チタン合金の疲労損傷過程と疲労寿命

この論文をさがす

著者

    • 赤堀, 俊和 アカホリ, トシカズ

書誌事項

タイトル

生体用純チタンおよび(α+β)型チタン合金の疲労損傷過程と疲労寿命

著者名

赤堀, 俊和

著者別名

アカホリ, トシカズ

学位授与大学

豊橋技術科学大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第246号

学位授与年月日

2000-03-22

注記・抄録

博士論文

豊橋技術科学大学

目次

  1. 目次 / p5 (0005.jp2)
  2. 第一章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1-1 チタンおよびチタン合金の概要 / p1 (0006.jp2)
  4. 1-2 研究の背景および本研究の目的 / p3 (0007.jp2)
  5. 第二章 生体材料として用いられるチタン合金についての最近の研究動向 / p8 (0010.jp2)
  6. 2-1 医療用金属材料 / p8 (0010.jp2)
  7. 2-2 生体用α+β型およびβ型合金の開発 / p12 (0012.jp2)
  8. 2-3 最近の生体用チタン合金の研究 / p15 (0013.jp2)
  9. 第三章 疲労過程における純金属および合金の力学的特性および転位組織の変化 / p20 (0016.jp2)
  10. 3-1 疲労過程における力学的特性変化 / p20 (0016.jp2)
  11. 3-2 転位組織変化とき裂発生との関係 / p20 (0016.jp2)
  12. 第五章 純チタンの疲労寿命と疲労中の機械的性質および転位組織変化との関係 / p58 (0035.jp2)
  13. 5-1 はじめに / p58 (0035.jp2)
  14. 5-2 実験方法 / p58 (0035.jp2)
  15. 5-3 実験結果および考察 / p62 (0037.jp2)
  16. 5-4 小括 / p81 (0046.jp2)
  17. 第六章 Ti-6Al-7Nb合金の微小疲労き裂の発生および伝播特性に及ぼすミクロ組織の影響 / p83 (0047.jp2)
  18. 6-1 はじめに / p83 (0047.jp2)
  19. 6-2 実験方法 / p84 (0048.jp2)
  20. 6-3 実験結果および考察 / p86 (0049.jp2)
  21. 6-4 小括 / p108 (0060.jp2)
  22. 第七章 総括 / p109 (0060.jp2)
  23. 参考文献 / p112 (0062.jp2)
  24. 謝辞 / p115 (0063.jp2)
  25. 論文目録 / p116 (0064.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189836
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000190119
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000354150
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ