複数合成YAGレーザビームの溶接現象とその応用

この論文をさがす

著者

    • 成清, 徹 ナリキヨ, トオル

書誌事項

タイトル

複数合成YAGレーザビームの溶接現象とその応用

著者名

成清, 徹

著者別名

ナリキヨ, トオル

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第7106号

学位授与年月日

1999-11-25

注記・抄録

博士論文

14401甲第07106号

博士(工学)

大阪大学

1999-11-25

14990

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 背景と目的 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 本論文の構成 / p2 (0006.jp2)
  5. 第2章 単一高エネルギー密度熱源加工での問題点と複数熱源合成加工技術の動向 / p4 (0007.jp2)
  6. 2.1 複数レーザビームの加工点合成 / p4 (0007.jp2)
  7. 2.2 多ビーム化した単一レーザビームの再合成 / p12 (0012.jp2)
  8. 2.3 異波長レーザビームの合成 / p14 (0013.jp2)
  9. 2.4 電子ビームの合成 / p14 (0013.jp2)
  10. 2.5 レーザビームと他の熱源との合成 / p14 (0013.jp2)
  11. 第3章 実験装置と実験方法 / p16 (0014.jp2)
  12. 3.1 実験装置 / p16 (0014.jp2)
  13. 3.2 レーザビーム特性 / p19 (0016.jp2)
  14. 3.3 実験方法と溶接条件 / p20 (0017.jp2)
  15. 第4章 一レーザビームによる溶接特性 / p22 (0018.jp2)
  16. 4.1 無傾斜一レーザビームによる溶接結果 / p22 (0018.jp2)
  17. 4.2 傾斜一レーザビームによる溶接特性 / p23 (0018.jp2)
  18. 第5章 合成二レーザビームによる溶接特性 / p32 (0025.jp2)
  19. 5.1 二台の連続励起発振器からのレーザビームを合成した溶接結果 / p32 (0025.jp2)
  20. 5.2 連続励起発振器とパルス励起発振器を組合せた溶接結果 / p59 (0047.jp2)
  21. 第6章 合成三レーザビーム溶接特性 / p79 (0061.jp2)
  22. 6.1 実験方法 / p79 (0061.jp2)
  23. 6.2 レーザビーム照射方法の適正化 / p79 (0061.jp2)
  24. 6.3 合成三レーザビームで得られる最大溶込み / p83 (0064.jp2)
  25. 第7章 レーザビーム合成による溶込み深さ増大に関する考察 / p86 (0066.jp2)
  26. 7.1 レーザビーム合成による溶込み深さ増大の効果 / p86 (0066.jp2)
  27. 7.2 キャビティ底部の分離が溶込み深さ増大に及ぼす効果 / p87 (0067.jp2)
  28. 7.3 高ピーク出力パルスビーム合成の効果 / p87 (0067.jp2)
  29. 第8章 まとめ / p90 (0068.jp2)
  30. 謝辞 / p93 (0070.jp2)
  31. 参考文献 / p95 (0071.jp2)
  32. 本論文に関する研究活動実績 / p100 (0073.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189913
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000190196
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000354227
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ