構造物の流体連成振動の予測に関する数値流体力学的研究

この論文をさがす

著者

    • 片岡, 浩人 カタオカ, ヒロト

書誌事項

タイトル

構造物の流体連成振動の予測に関する数値流体力学的研究

著者名

片岡, 浩人

著者別名

カタオカ, ヒロト

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第7107号

学位授与年月日

1999-11-25

注記・抄録

博士論文

14401甲第07107号

博士(工学)

大阪大学

1999-11-25

14991

目次

  1. [目次] / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 本研究の目的 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 本研究に至る背景 / p1 (0005.jp2)
  5. 1.3 既往の研究概要と本研究との関連 / p7 (0008.jp2)
  6. 1.4 本論文の構成 / p13 (0011.jp2)
  7. 第2章 マルチブロック構造格子を用いた流れ場解析手法の構築 / p19 (0014.jp2)
  8. 2.1 はじめに / p19 (0014.jp2)
  9. 2.2 離散化手法 / p21 (0015.jp2)
  10. 2.3 流れ場の基礎式の離散化 / p26 (0018.jp2)
  11. 2.4 解析事例 / p30 (0020.jp2)
  12. 2.5 まとめ / p34 (0022.jp2)
  13. 第3章 擬似圧縮性法に基づく非圧縮性流れ場解析の検証 / p37 (0023.jp2)
  14. 3.1 はじめに / p37 (0023.jp2)
  15. 3.2 非圧縮性流れ場の数値解析手法 / p38 (0024.jp2)
  16. 3.3 離散化式 / p41 (0025.jp2)
  17. 3.4 擬似圧縮性法の精度の検証 / p44 (0027.jp2)
  18. 3.5 まとめ / p55 (0032.jp2)
  19. 第4章 格子の変形をともなう計算手法(CLTS法) / p57 (0033.jp2)
  20. 4.1 はじめに / p57 (0033.jp2)
  21. 4.2 数値解析手法 / p58 (0034.jp2)
  22. 4.3 静止流体中の振動円柱周りの流れ / p66 (0038.jp2)
  23. 4.4 一様中で二自由度振動する円柱 / p79 (0044.jp2)
  24. 4.5 二円柱周りの流れ / p90 (0050.jp2)
  25. 4.6 まとめ / p107 (0058.jp2)
  26. 第5章 角柱構造物の振動 / p113 (0061.jp2)
  27. 5.1 はじめに / p113 (0061.jp2)
  28. 5.2 流入変動風の生成法 / p113 (0061.jp2)
  29. 5.3 角柱構造物の風による振動 / p130 (0070.jp2)
  30. 5.4 まとめ / p150 (0080.jp2)
  31. 第6章 結言 / p153 (0081.jp2)
  32. 6.1 はじめに / p153 (0081.jp2)
  33. 6.2 本研究の今後の展望と検討課題 / p156 (0083.jp2)
  34. 研究業績一覧 / p159 (0084.jp2)
  35. 記号 / p163 (0086.jp2)
  36. 謝辞 / p167 (0088.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189914
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000190197
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000354228
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ