多義的機能性VR空間による人間指向インターフェース技術と生産工程への応用

この論文をさがす

著者

    • 中村, 昌弘 ナカムラ, マサヒロ

書誌事項

タイトル

多義的機能性VR空間による人間指向インターフェース技術と生産工程への応用

著者名

中村, 昌弘

著者別名

ナカムラ, マサヒロ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第7123号

学位授与年月日

2000-01-31

注記・抄録

博士論文

14401甲第07123号

博士(工学)

大阪大学

2000-01-31

15039

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 自動機械と人、そして自己組織化へ / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 本研究の目的及び方針 / p3 (0007.jp2)
  5. 第2章 生産における「機械と人の関わり」に関する予備的考察 / p7 (0010.jp2)
  6. 2.1 はじめに / p7 (0010.jp2)
  7. 2.2 「ものづくり」における新たな意義の検討 / p7 (0010.jp2)
  8. 2.3 多義性と機能性による新たな知見を獲得する概念の提案 / p18 (0016.jp2)
  9. 2.4 機能性を実現するVRヒューマン・インターフェースの提案 / p20 (0017.jp2)
  10. 2.5 多義性を実現するメタレベルVRアーキテクチャの提案と新しい価値規範の生成 / p39 (0026.jp2)
  11. 2.6 多義的機能性VR空間の提唱 / p47 (0030.jp2)
  12. 2.7 結言 / p49 (0031.jp2)
  13. 第3章 多義的機能性VR空間のための基本機能の実現 / p51 (0033.jp2)
  14. 3.1 VRヒュ一マン・インターフェースの問題解決と実現 / p51 (0033.jp2)
  15. 3.2 メタレベルVRアーキテクチャの実現 / p78 (0047.jp2)
  16. 3.3 結言 / p83 (0049.jp2)
  17. 第4章.生産組立作業に対する多義的機能性VR空間の適用検討 / p85 (0051.jp2)
  18. 4.1 人的作業性を扱う技術の検討 / p85 (0051.jp2)
  19. 4.2 組立プロセス性検討への適用 / p92 (0055.jp2)
  20. 4.3 組み付け動作性検討への適用 / p100 (0059.jp2)
  21. 4.4 結言 / p108 (0063.jp2)
  22. 第5章.生産組立作業を扱う多義的機能性VR空間の構築 / p109 (0064.jp2)
  23. 5.1 組立プロセス・システムの構築 / p109 (0064.jp2)
  24. 5.2 組み付け動作性評価システムの構築 / p141 (0080.jp2)
  25. 5.3 aWORLDファミリの開発へ / p155 (0087.jp2)
  26. 5.4 結言 / p156 (0088.jp2)
  27. 第6章 aWORLD AsseyWORKの概要 / p157 (0089.jp2)
  28. 6.1 AsseyWORKの概要及び特徴 / p158 (0090.jp2)
  29. 6.2 AsseyWORKの機能 / p158 (0090.jp2)
  30. 6.3 AsseyWORKのシステム構成 / p160 (0091.jp2)
  31. 6.4 利用の準備 / p161 (0091.jp2)
  32. 6.5 適用例 / p165 (0093.jp2)
  33. 6.6 AsseyWORKの目的・効果・応用の可能性 / p167 (0094.jp2)
  34. 6.7 AsseyWORK技術の位置づけ / p169 (0095.jp2)
  35. 6.8 諸言 / p171 (0096.jp2)
  36. 第7章 aWORLD IntelliWORKの概要 / p173 (0098.jp2)
  37. 7.1 IntelliWORKの概要及び特徴 / p173 (0098.jp2)
  38. 7.2 IntelliWORKの機能 / p175 (0099.jp2)
  39. 7.3 IntelliWORKのシステム構成 / p180 (0102.jp2)
  40. 7.4 利用の準備 / p181 (0102.jp2)
  41. 7.5 適用例 / p182 (0103.jp2)
  42. 7.6 IntelliWORKの目的および効果 / p185 (0104.jp2)
  43. 7.7 結言 / p186 (0105.jp2)
  44. 第8章 多義的機能性VR空間概念の発展的指針の検討 / p187 (0106.jp2)
  45. 8.1 多義的機能性VR空間の本質的意義と可能性 / p187 (0106.jp2)
  46. 8.2 知的VRドキュメント技術による生産プロセスの革新 / p189 (0107.jp2)
  47. 8.3 次世代ヒューマン・インターフェース、「VRUI」に向けて / p194 (0110.jp2)
  48. 8.4 結言 / p202 (0114.jp2)
  49. 第9章 総括 / p203 (0115.jp2)
  50. 謝辞 / p207 (0118.jp2)
  51. 参考文献 / p209 (0119.jp2)
  52. 本研究論文に関する著者の発表論文 / p214 (0122.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189930
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000190213
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000354244
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ