「源氏物語」における物語の方法

この論文をさがす

著者

    • 中川, 照将 ナカガワ, テルマサ

書誌事項

タイトル

「源氏物語」における物語の方法

著者名

中川, 照将

著者別名

ナカガワ, テルマサ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第7133号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

14401甲第07133号

博士(文学)

大阪大学

2000-03-24

15098

目次

  1. 〈目次〉 / p2 (0003.jp2)
  2. 本論文の構成と考察目的 / p7 (0005.jp2)
  3. 凡例 / p13 (0008.jp2)
  4. 第一部 宇治十帖における方法としての「誤解」 / (0009.jp2)
  5. 第一章 八宮の「本心」と薫の「誤解」―薫に見る「昔物語」からの逸脱・序章― / p16 (0010.jp2)
  6. はじめに / p16 (0010.jp2)
  7. 一、八宮の「本心」(そのI) / p18 (0011.jp2)
  8. 二、八宮の「本心」(その二) / p25 (0014.jp2)
  9. 三、薫の「誤解」(そのI) / p28 (0016.jp2)
  10. 四、薫の「誤解」(その二) / p31 (0017.jp2)
  11. おわりに / p34 (0019.jp2)
  12. 第二章 薫の「誤解」と大君の結婚拒否 / p42 (0023.jp2)
  13. はじめに / p42 (0023.jp2)
  14. 一、「昔物語」から逸脱する薫 / p47 (0025.jp2)
  15. 二、薫の大君恋慕と「昔物語」 / p50 (0027.jp2)
  16. おわりに / p59 (0031.jp2)
  17. 第三章 薫の「誤解」と中君恋慕 / p63 (0033.jp2)
  18. はじめに / p63 (0033.jp2)
  19. 一、宇治十帖における「昔物語」の変容 / p64 (0034.jp2)
  20. 二、「かひなき」薫の中君恋慕 / p70 (0037.jp2)
  21. 三、薫の中君恋慕と「朝顔」 / p75 (0039.jp2)
  22. おわりに / p80 (0042.jp2)
  23. 第四章 薫の恋愛と筝の琴―宇治十帖における合奏の意味について― / p84 (0044.jp2)
  24. はじめに / p84 (0044.jp2)
  25. 一、薫の大君恋慕と合奏 / p87 (0045.jp2)
  26. 二、薫の中君恋慕と合奏 / p90 (0047.jp2)
  27. 三、薫の浮舟恋慕と合奏 / p97 (0050.jp2)
  28. おわりに / p101 (0052.jp2)
  29. 第二部 『源氏物語』の本文 / (0055.jp2)
  30. 第一章 青表紙本の出現とその意義 / p108 (0056.jp2)
  31. 一、現在の青表紙本に対する評価 / p108 (0056.jp2)
  32. 二、青表紙本の出現 / p110 (0057.jp2)
  33. 三、青表紙本と河内本に関する従来の認識 / p123 (0063.jp2)
  34. 四-一、青表紙本と河内本の独自性 / p128 (0066.jp2)
  35. 四-二、青表紙本本文と『奥入』―二つの「正しさ」の出現― / p133 (0068.jp2)
  36. 五、室町期から現代における青表紙本 / p138 (0071.jp2)
  37. 第二章 陽明文庫本『源氏物語』における「男」と「女」―源氏と六条御息所を中心に― / p157 (0080.jp2)
  38. はじめに / p157 (0080.jp2)
  39. 一、後代の「誤読」による「物語世界」のズレの出現 / p159 (0081.jp2)
  40. 二、「夕顔」巻における青表紙本と陽明本の「物語世界」のズレ / p165 (0084.jp2)
  41. 三、陽明本独自の「物語世界」とその継承 / p171 (0087.jp2)
  42. 四、陽明本における「男」・「女」の呼称 / p178 (0091.jp2)
  43. おわりに / p188 (0096.jp2)
  44. 付編 / (0098.jp2)
  45. 第一章 『源氏物語』正編における方法としての「誤解」―「朝顔」巻の夢を中心に― / p194 (0099.jp2)
  46. 一、藤壷の夢に関する従来の解釈 / p194 (0099.jp2)
  47. 二、「もののさとし」の内実 / p199 (0101.jp2)
  48. 三、源氏と冷泉帝を隔てる「誤解」 / p203 (0103.jp2)
  49. 四、結論 / p208 (0106.jp2)
  50. 第二章 『しのびね物語』における楽器、そして合奏の意味―物語論理の継承と再構築― / p210 (0107.jp2)
  51. はじめに / p210 (0107.jp2)
  52. 一、物語始発に設定される人物の属性 / p211 (0107.jp2)
  53. 二、きんつねの属性=〈匂ひ〉〈薫り〉、並びに「つくろふ」ことの意味 / p213 (0108.jp2)
  54. 三、しのびねの姫君の属性=〈琴〉、並びに「合奏」の意味 / p218 (0111.jp2)
  55. おわりに / p223 (0113.jp2)
  56. 本論の考察結果 / p227 (0115.jp2)
  57. 初出一覧 / p230 (0117.jp2)
28アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189940
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000190223
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000354254
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ