日本語におけるベネファクティブの記述的研究

この論文をさがす

著者

    • 山田, 敏弘 ヤマダ, トシヒロ

書誌事項

タイトル

日本語におけるベネファクティブの記述的研究

著者名

山田, 敏弘

著者別名

ヤマダ, トシヒロ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第7137号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

14401甲第07137号

博士(文学)

大阪大学

2000-03-24

15102

目次

  1. 細目目次 / p2 (0004.jp2)
  2. 序章 / (0007.jp2)
  3. 1.はじめに / p1 (0007.jp2)
  4. 2.先行研究の概観と本研究の考察範囲 / p2 (0008.jp2)
  5. 3.本研究の立場 / p6 (0010.jp2)
  6. 第1部 ベネファクティブの構文的特徴 / (0011.jp2)
  7. 第1章 ベネファクティブの視点と方向性 / (0012.jp2)
  8. 1.はじめに / p11 (0012.jp2)
  9. 2.先行研究におけるいくつかの関連する概念の検討と本稿の立場 / p12 (0013.jp2)
  10. 3.直接構造と間接構造 / p20 (0017.jp2)
  11. 4.個々の動詞の持つ方向性とテクル・テイクとテクレル / p23 (0018.jp2)
  12. 5.おわりに / p37 (0025.jp2)
  13. 第2章 ベネファクティブ構文に含まれる事態の特徴 / (0026.jp2)
  14. 1.はじめに / p39 (0026.jp2)
  15. 2.与益者の事態に対する自己制御性とベネファクティブ / p40 (0027.jp2)
  16. 3.受益者が想定されにくいテヤル受益文 / p55 (0034.jp2)
  17. 4.おわりに / p58 (0036.jp2)
  18. 第3章 ベネファクティブ構文に含まれる名詞句の格表示 / (0036.jp2)
  19. 1.はじめに / p59 (0036.jp2)
  20. 2.テヤル/テクレル受益文における受益者の格表示 / p60 (0037.jp2)
  21. 3.テモラウ受益文における与益者の格表示 / p67 (0040.jp2)
  22. 4.まとめ:テヤル/テクレル受益文の二格とテモラウ受益文のカラ格の対称性 / p78 (0046.jp2)
  23. 第4章 ベネファクティブのヴォイス的特徴 / (0046.jp2)
  24. 1.先行研究概観 / p80 (0047.jp2)
  25. 2.ヴォイスの体系におけるベネファクティブの位置 / p80 (0047.jp2)
  26. 3.テモラウ文の働きかけ性 / p84 (0049.jp2)
  27. 4.非恩恵型テモラウ / p96 (0055.jp2)
  28. 第5章 述語の層におけるベネファクティブの位置 / (0060.jp2)
  29. 1.はじめに / p107 (0060.jp2)
  30. 2.ヴォイス形式との複合形 / p108 (0061.jp2)
  31. 3.アスペクトとの複合形 / p114 (0064.jp2)
  32. 4.否定との複合形 / p125 (0069.jp2)
  33. 5.ベネファクティブ相互間の複合形 / p126 (0070.jp2)
  34. 第6章 非恩恵型ベネファクティブ~意思を表すテヤル/テクレルと皮肉のテクレル / (0071.jp2)
  35. 1.はじめに / p130 (0072.jp2)
  36. 2.非恩恵型テヤル / p131 (0072.jp2)
  37. 3.非恩恵型テクレル / p157 (0085.jp2)
  38. 4.おわりに / p167 (0090.jp2)
  39. 第7章 モダリティ形式化したベネファクティブ~依頼表現を中心に / (0091.jp2)
  40. 1.はじめに / p169 (0091.jp2)
  41. 2.依頼とは何か:依頼の定義と形式 / p170 (0092.jp2)
  42. 3.各系ごとの特徴の記述 / p174 (0094.jp2)
  43. 4.依頼表現の汎言語的観察と可能 / p190 (0102.jp2)
  44. 5.おわりに:依頼とはなにか / p195 (0104.jp2)
  45. 第2部 ベネファクティブの参与者追跡機能 / (0105.jp2)
  46. 第8章 連文における参与者追跡とベネファクティブ / (0106.jp2)
  47. 1.はじめに:参与者追跡機能とは / p199 (0106.jp2)
  48. 2.他の参与者追跡方略の中でのベネファクティブの位置づけ / p200 (0107.jp2)
  49. 3.考察 / p206 (0110.jp2)
  50. 4.まとめ / p212 (0113.jp2)
  51. 第9章 複文における参与者追跡とベネファクティブ / (0114.jp2)
  52. 1.はじめに / p215 (0114.jp2)
  53. 2.ベネファクティブを含まない複文の主語の異同 / p216 (0115.jp2)
  54. 3.複文前件にベネファクティブを含む場合 / p220 (0117.jp2)
  55. 4.複文後件にベネファクティブを含む場合 / p226 (0120.jp2)
  56. 5.視点の層と主題の層 / p228 (0121.jp2)
  57. 第10章 連体修飾節におけるベネファクティブと主名詞 / (0122.jp2)
  58. 1.はじめに / p231 (0122.jp2)
  59. 2.主名詞の連体修飾節内部の文法関係同定に関わるさまざまな方略 / p231 (0122.jp2)
  60. 3.ベネファクティブによる連体修飾節主名詞の節内における文法関係の同定 / p235 (0124.jp2)
  61. 4.おわりに / p238 (0126.jp2)
  62. 第3部 ベネファクティブの類型論的研究 / (0126.jp2)
  63. 第11章 授受動詞およびベネファクティブの類型論的研究 / (0127.jp2)
  64. 1.はじめに / p241 (0127.jp2)
  65. 2.諸言語における授受動詞およびベネファクティブに関する先行研究 / p242 (0128.jp2)
  66. 3.物の授受を表す動詞 / p243 (0128.jp2)
  67. 4.事態の授受を表す表現形式 / p248 (0131.jp2)
  68. 5.おわりに / p258 (0136.jp2)
  69. おわりに / p261 (0137.jp2)
  70. 参考文献 / p263 (0138.jp2)
  71. 用例出典 / p269 (0141.jp2)
18アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189944
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000190227
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000354258
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ