上方能楽史の研究

この論文をさがす

著者

    • 宮本, 圭造 ミヤモト, ケイゾウ

書誌事項

タイトル

上方能楽史の研究

著者名

宮本, 圭造

著者別名

ミヤモト, ケイゾウ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第7143号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

14401甲第07143号

博士(文学)

大阪大学

2000-03-24

15108

目次

  1. はしがき / (0003.jp2)
  2. 第一章 京都の能楽 / p1 (0007.jp2)
  3. 第一節 能楽サロンの形成 / p1 (0007.jp2)
  4. はじめに / p1 (0007.jp2)
  5. 尊勝院慈性をめぐる能楽サロン / p2 (0008.jp2)
  6. 二條家をめぐる能楽サロン / p4 (0010.jp2)
  7. おわりに / p8 (0014.jp2)
  8. 第二節 その後の手猿楽渋谷 / p10 (0016.jp2)
  9. はじめに / p10 (0016.jp2)
  10. 手猿楽渋谷の出自と系譜 / p10 (0016.jp2)
  11. 江戸初期の渋谷 / p13 (0019.jp2)
  12. 渋谷七郎右衛門雪斎とその周辺 / p19 (0025.jp2)
  13. 江戸中期の渋谷 / p22 (0028.jp2)
  14. 渋谷から高村へ / p26 (0032.jp2)
  15. おわりに / p28 (0034.jp2)
  16. 第三節 能大夫小畠左近衛門了達とその一族 / p30 (0036.jp2)
  17. はじめに / p30 (0036.jp2)
  18. 小畠了達の生涯 / p30 (0036.jp2)
  19. 小畠了達の後嗣とその一族 / p41 (0047.jp2)
  20. 第四節 手猿楽深見考 / p47 (0053.jp2)
  21. はじめに / p47 (0053.jp2)
  22. 手猿楽深見考の演能活動 / p47 (0053.jp2)
  23. 深見系譜について / p49 (0055.jp2)
  24. 手猿楽深見の周辺 / p53 (0059.jp2)
  25. おわりに / p57 (0063.jp2)
  26. 第五節 かん松大夫考 / p59 (0065.jp2)
  27. はじめに / p59 (0065.jp2)
  28. かん松大夫について / p59 (0065.jp2)
  29. 神松頼母について / p61 (0067.jp2)
  30. おわりに / p65 (0071.jp2)
  31. 第六節 日吉社神事能の能役者 / p67 (0073.jp2)
  32. はじめに / p67 (0073.jp2)
  33. 日吉社神事能と野村吉之進 / p67 (0073.jp2)
  34. 日吉社神事能と寺田門治 / p68 (0074.jp2)
  35. 神事能参勤を願い出る人々 / p72 (0078.jp2)
  36. おわりに / p75 (0081.jp2)
  37. 第二章 南都の能楽 / p77 (0083.jp2)
  38. 第一節 江戸初期奈良能楽界の動向 / p77 (0083.jp2)
  39. はじめに / p77 (0083.jp2)
  40. 猿楽道すでに衰微 / p77 (0083.jp2)
  41. 奈良における四座役者の動向 / p79 (0085.jp2)
  42. 素人役者の台頭 / p83 (0089.jp2)
  43. 江戸初期奈良の能役者と茶・連歌 / p85 (0091.jp2)
  44. 第二節 南都禰宜衆の演能活動 / p90 (0096.jp2)
  45. はじめに / p90 (0096.jp2)
  46. 春日社禰宜の組織と活動 / p91 (0097.jp2)
  47. 余興としての乱舞音曲 / p95 (0101.jp2)
  48. 水屋社例祭と禰宜 / p98 (0104.jp2)
  49. 室町末期の禰宜衆の動向 / p102 (0108.jp2)
  50. 豊臣秀吉・秀長と禰宜衆 / p104 (0110.jp2)
  51. 京における禰宜衆の活動 / p108 (0114.jp2)
  52. 禰宜衆と女能・風流踊り・歌舞伎 / p111 (0117.jp2)
  53. 興福寺両門跡での禰宜衆の演能 / p115 (0121.jp2)
  54. 御抱え役者としての禰宜衆の活動 / p120 (0126.jp2)
  55. 元禄二年の仙洞能 / p128 (0134.jp2)
  56. 禰宜榊原次郞大夫の活躍 / p140 (0146.jp2)
  57. 大坂・河内における禰宜衆 / p149 (0155.jp2)
  58. 禰宜衆と神事能 / p153 (0159.jp2)
  59. 江戸後期の禰宜衆 / p169 (0175.jp2)
  60. 南都禰宜衆の末裔 / p174 (0180.jp2)
  61. おわりに / p181 (0187.jp2)
  62. 第三章 神事猿楽の動向 / p188 (0194.jp2)
  63. 第一節 貴志猿楽考 / p188 (0194.jp2)
  64. はじめに / p188 (0194.jp2)
  65. 紀の川流域の神事能 / p188 (0194.jp2)
  66. 紀州藩お抱え貴志喜大夫 / p190 (0196.jp2)
  67. 江戸後期の貴志大夫 / p193 (0199.jp2)
  68. 橋口家と貴志大夫 / p194 (0200.jp2)
  69. おわりに / p198 (0204.jp2)
  70. 第二節 播磨の神事猿楽 / p200 (0206.jp2)
  71. はじめに / p200 (0206.jp2)
  72. 播磨の能大夫 / p200 (0206.jp2)
  73. 播磨総社の神事能 / p205 (0211.jp2)
  74. 第三節 丹波の神事猿楽 / p212 (0218.jp2)
  75. はじめに / p212 (0218.jp2)
  76. 矢田大夫 / p212 (0218.jp2)
  77. 初大夫 / p216 (0222.jp2)
  78. 祐大夫 / p217 (0223.jp2)
  79. 八子大夫 / p218 (0224.jp2)
  80. おわりに / p222 (0228.jp2)
  81. 第四節 江戸期の日吉大夫 / p223 (0229.jp2)
  82. はじめに / p223 (0229.jp2)
  83. 日吉空庵とその後継者 / p223 (0229.jp2)
  84. 日吉頼母 / p225 (0231.jp2)
  85. 日吉権大夫 / p227 (0233.jp2)
  86. 日吉弥右衛門氏春(武居斎宮) / p231 (0237.jp2)
  87. 日吉弥右衛門氏喬 / p233 (0239.jp2)
  88. おわりに / p236 (0242.jp2)
  89. 第四章 上方諸藩の能楽 / p237 (0243.jp2)
  90. 第一節 上方諸藩における能楽の概況 / p237 (0243.jp2)
  91. はじめに / p237 (0243.jp2)
  92. 津藩 / p237 (0243.jp2)
  93. 彦根藩 / p239 (0245.jp2)
  94. 高槻藩 / p240 (0246.jp2)
  95. 宮津藩 / p241 (0247.jp2)
  96. その他の諸藩 / p241 (0247.jp2)
  97. おわりに / p243 (0249.jp2)
  98. 第二節 紀州徳川藩の能楽 / p244 (0250.jp2)
  99. はじめに / p244 (0250.jp2)
  100. 初代頼宣時代 / p244 (0250.jp2)
  101. 二代光貞時代 / p246 (0252.jp2)
  102. 五代吉宗時代 / p248 (0254.jp2)
  103. 六代宗直時代以降 / p249 (0255.jp2)
  104. 第二節 宇陀松山藩の能楽 / p252 (0258.jp2)
  105. はじめに / p252 (0258.jp2)
  106. 神戸社神事能と南都禰宜衆 / p252 (0258.jp2)
  107. 京下りの人々 / p254 (0260.jp2)
  108. 江戸藩邸での能楽 / p257 (0263.jp2)
  109. おわりに / p257 (0263.jp2)
  110. 資料編 紀州藩御役者先祖書 高村・徳田 / p259 (0265.jp2)
  111. あとがき / (0276.jp2)
33アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189950
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000190233
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000354264
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ