揚琴とその音楽文化の研究

この論文をさがす

著者

    • 龔, 林 キョウ, リン

書誌事項

タイトル

揚琴とその音楽文化の研究

著者名

龔, 林

著者別名

キョウ, リン

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第7144号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

14401甲第07144号

博士(文学)

大阪大学

2000-03-24

15109

目次

  1. 目次 / p2 (0003.jp2)
  2. 図・写真・譜例目次 / p5 (0006.jp2)
  3. 凡例 / p8 (0009.jp2)
  4. 論文の要旨および概要 / p10 (0011.jp2)
  5. Abstract and Summary inEnglish / p15 (0016.jp2)
  6. 中国語要旨概要 / p19 (0020.jp2)
  7. 序論 / p1 (0024.jp2)
  8. (1)楊琴のハードウェアとソフトウェアとは? / p1 (0024.jp2)
  9. (2)研究の目的 / p1 (0024.jp2)
  10. (3)研究の方法 / p2 (0025.jp2)
  11. 第一部 楊琴の伝統 / (0029.jp2)
  12. 第一章 楊琴の初期史 / p6 (0030.jp2)
  13. 1.1 楊琴の初流伝 / p6 (0030.jp2)
  14. 1.2 伝統的な楊琴の構造 / p8 (0032.jp2)
  15. 1.3 伝統的な楊琴の基本奏法 / p11 (0035.jp2)
  16. 第2章 伝統的な民間音樂における揚琴―江南絲竹・広東音楽の場合 / p18 (0042.jp2)
  17. 2.1 江南絲竹の楊琴芸術 / p18 (0042.jp2)
  18. 2.2 広東音楽の楊琴芸術 / p33 (0057.jp2)
  19. 第3章 語り物音楽における楊琴―四川楊琴を例として / p40 (0064.jp2)
  20. 3.1 四川楊琴の歴史簡述 / p41 (0065.jp2)
  21. 3.2 四川楊琴の演唱形式と構成 / p42 (0066.jp2)
  22. 3.3 四川楊琴の基本歌 / p44 (0068.jp2)
  23. 3.4 四川楊琴の器楽曲牌およびその応用 / p49 (0073.jp2)
  24. 3.5 四川楊琴の伴奏および楊琴演奏の特徴 / p50 (0074.jp2)
  25. 3.6 四川楊琴の著名な楊琴芸術家 / p59 (0083.jp2)
  26. 第2部 楊琴の現在 / (0087.jp2)
  27. 第4章 ハードウェアとしての楊琴自体の改良 / p63 (0088.jp2)
  28. 4.1 音域の拡大 / p67 (0092.jp2)
  29. 4.2 音律の完備 / p67 (0092.jp2)
  30. 4.3 音質・音量の改善 / p67 (0092.jp2)
  31. 4.4 「山岳」(日本筝の龍角に相似するところ)の改良 / p67 (0092.jp2)
  32. 4.5 足踏式の制音器(ペダル)の考案 / p67 (0092.jp2)
  33. 4.6 音階配列方法の中国特徴を持つ合理的設計 / p69 (0094.jp2)
  34. 4.7 桴の工夫 / p70 (0095.jp2)
  35. 4.8 琴台の定型化 / p70 (0095.jp2)
  36. 第5章 ソフトウエアとしての楊琴奏法の革新 / p72 (0097.jp2)
  37. 5.1 桴法の改造 / p72 (0097.jp2)
  38. 5.2 新しい奏法の考察および独奏における活用 / p75 (0100.jp2)
  39. 5.3 鄭宝恒の大楊琴抹音新技法―独奏楽器としての多彩な展開 / p86 (0111.jp2)
  40. 5.4 滑抹音演奏における正確なおんていの把握と「虚・実音」の処理方法 / p93 (0118.jp2)
  41. 第6章 現代的な創作音楽における楊琴 / p95 (0120.jp2)
  42. 6.1 伴奏としての楊琴―《二泉映月》を例として / p97 (0122.jp2)
  43. 6.2 重奏、合奏における楊琴 / p108 (0133.jp2)
  44. 第7章 文化触変における中国の楽器 / p116 (0141.jp2)
  45. 7.1 20世紀までの中国楽器の発展に関する略述 / p116 (0141.jp2)
  46. 7.2 劉天華による楽器改良および器楽実践の概述 / p118 (0143.jp2)
  47. 7.3 鄭覲文と大同楽会による楽器改良の概要 / p119 (0144.jp2)
  48. 7.4 20世紀後半における楽器改良の流れ / p122 (0147.jp2)
  49. 7.5 20世紀後半における楽器改良についての考察 / p130 (0155.jp2)
  50. 7.6 文化触変における楊琴の受容と変容の再考察 / p133 (0158.jp2)
  51. 参考資料(オーケストラ華夏) / p139 (0165.jp2)
  52. あとがき / p143 (0171.jp2)
  53. 参考文献 / p144 (0172.jp2)
10アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189951
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000190234
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000354265
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ