コスモロジーの変容過程に関する臨床心理学的研究 : ALS患者と神女(カミンチュ)の事例をもとに

この論文をさがす

著者

    • 橋本, 朋広 ハシモト, トモヒロ

書誌事項

タイトル

コスモロジーの変容過程に関する臨床心理学的研究 : ALS患者と神女(カミンチュ)の事例をもとに

著者名

橋本, 朋広

著者別名

ハシモト, トモヒロ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (人間科学)

学位授与番号

甲第7155号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

14401甲第07155号

博士(人間科学)

大阪大学

2000-03-24

15120

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序章 研究の目的 / p1 (0005.jp2)
  3. 第一節 弁証法的過程としての心理療法 / p1 (0005.jp2)
  4. 第二節 臨床の知の必要性 / p2 (0006.jp2)
  5. 第三節 研究の目的 / p2 (0006.jp2)
  6. 第一章 イニシエーションとコスモロジー / p5 (0009.jp2)
  7. 第一節 合理主義的コスモロジーと神話的コスモロジー / p5 (0009.jp2)
  8. 第二節 伝統社会と神話的コスモロジー / p6 (0010.jp2)
  9. 第三節 Eliadeのイニシエーション研究 / p7 (0011.jp2)
  10. 1 成人式 / p7 (0011.jp2)
  11. 2 秘儀集団のイニシエーション / p9 (0013.jp2)
  12. 3 シャーマンのイニシエーション / p10 (0014.jp2)
  13. 4 三つのイニシエーションの共通性と差異 / p11 (0015.jp2)
  14. 第四節 脱魂と憑霊 / p12 (0016.jp2)
  15. 第五節 現代社会におけるイニシエーションの経験 / p15 (0019.jp2)
  16. 第六節 Hendersonのイニシエーション研究 / p17 (0021.jp2)
  17. 1 自我と自己 / p17 (0021.jp2)
  18. 2 イニシエーションの諸段階 / p19 (0023.jp2)
  19. 注 / p24 (0028.jp2)
  20. 第二章 ALS患者のコスモロジー / p25 (0029.jp2)
  21. 第一節 はじめに / p25 (0029.jp2)
  22. 第二節 筋萎縮性側索硬化症(ALS)について / p26 (0030.jp2)
  23. 第三節 調査方法 / p26 (0030.jp2)
  24. 第四節 事例検討 / p27 (0031.jp2)
  25. 第五節 考察 / p32 (0036.jp2)
  26. 1 自我の変容 / p32 (0036.jp2)
  27. 2 事物とのつながりの回復 / p33 (0037.jp2)
  28. 3 他者とのつながりの回復 / p34 (0038.jp2)
  29. 4 生命とのつながりの回復 / p34 (0038.jp2)
  30. 5 ALS患者におけるコスモロジーの変容過程 / p35 (0039.jp2)
  31. 第三章 神女のコスモロジー / p41 (0045.jp2)
  32. 第一節 はじめに / p41 (0045.jp2)
  33. 第二節 研究事例の背景 / p41 (0045.jp2)
  34. 第三節 成巫過程における転機の検討 / p43 (0047.jp2)
  35. 1 神話的世界への気づき / p43 (0047.jp2)
  36. 2 神女就任の決意 / p46 (0050.jp2)
  37. 3 神との関わり / p49 (0053.jp2)
  38. 4 神女アイデンティティの深化 / p51 (0055.jp2)
  39. 第四節 夢イメージの変容過程 / p53 (0057.jp2)
  40. 1 ハブと地下界 / p53 (0057.jp2)
  41. 2 沖縄の祭祀文化の構成 / p55 (0059.jp2)
  42. 3 先代と天上界 / p56 (0060.jp2)
  43. 4 乙姫/龍とオボツ/ニライ / p58 (0062.jp2)
  44. 5 神女におけるコスモロジーの変容過程 / p59 (0063.jp2)
  45. 第四章 自我とイメージの弁証法 / p64 (0068.jp2)
  46. 第一節 コスモロジー変容の基本要因 / p64 (0068.jp2)
  47. 第二節 自我の相対化 / p65 (0069.jp2)
  48. 1 分離と融合の往復運動 / p65 (0069.jp2)
  49. 2 超越機能 / p67 (0071.jp2)
  50. 3 漂泊自我と定住自我 / p68 (0072.jp2)
  51. 第三節 想像の領域 / p70 (0074.jp2)
  52. 1 コスモスの構造化 / p70 (0074.jp2)
  53. 2 Ehrenzweigによる創詩的イメージの研究 / p70 (0074.jp2)
  54. 3 井筒によるM領域の研究 / p71 (0075.jp2)
  55. 4 自己の働き / p72 (0076.jp2)
  56. 第四節 自我とイメージの弁証法 / p73 (0077.jp2)
  57. 1 想像の領域に関わる基盤 / p73 (0077.jp2)
  58. 2 能動的想像 / p75 (0079.jp2)
  59. 3 能動的想像から見た面接構造 / p76 (0080.jp2)
  60. 4 個性化と神話的コスモロジー / p77 (0081.jp2)
  61. 第五節 今後の研究課題 / p77 (0081.jp2)
  62. 終章 現代における魂の危機 / p79 (0083.jp2)
  63. 第一節 肥大した自我 / p79 (0083.jp2)
  64. 第二節 弱さの自覚 / p80 (0084.jp2)
  65. 第三節 顕と幽 / p81 (0085.jp2)
  66. 引用文献 / p83 (0087.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189960
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000190243
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000354274
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ