子ども-大人関係研究序説 : 「児童の世紀」の受容史とその今日的意義について

この論文をさがす

著者

    • 岡部, 美香 オカベ, ミカ

書誌事項

タイトル

子ども-大人関係研究序説 : 「児童の世紀」の受容史とその今日的意義について

著者名

岡部, 美香

著者別名

オカベ, ミカ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (人間科学)

学位授与番号

甲第7156号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

14401甲第07156号

博士(人間科学)

大阪大学

2000-03-24

15121

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序章 / p4 (0006.jp2)
  3. 註 / p10 (0012.jp2)
  4. 第一章 スウェーデンにおける『児童の世紀』の受容状況 / p14 (0016.jp2)
  5. はじめに / p14 (0016.jp2)
  6. 第一節 出版状況 / p14 (0016.jp2)
  7. 第二節 受容 第一期(1900年から1910年前後まで)――黙殺された『児童の世紀』―― / p15 (0017.jp2)
  8. 第三節 受容 第二期(1910年代後半から1960年代まで)――断続的に行われたケイ研究―― / p17 (0019.jp2)
  9. 第四節 受容 第三期(1970年代から現在まで)――ケイの教育思想研究の始まり―― / p19 (0021.jp2)
  10. おわりに / p20 (0022.jp2)
  11. 註 / p21 (0023.jp2)
  12. 第二章 ドイツにおける『児童の世紀』の受容状況 / p28 (0030.jp2)
  13. はじめに / p28 (0030.jp2)
  14. 第一節 出版状況 / p29 (0031.jp2)
  15. 第二節 受容 第一期(1902年から1920年代まで)――子どもへのまなざしの開示―― / p30 (0032.jp2)
  16. 第三節 受容 第二期(1930年代から1980年代前半まで)――ドイツ新教育運動の総括期―― / p32 (0034.jp2)
  17. 第四節 受容 第三期(1980年代後半から現在まで)――ドイツ新教育運動の超克期―― / p35 (0037.jp2)
  18. おわりに / p39 (0041.jp2)
  19. 註 / p39 (0041.jp2)
  20. 補論 ドイツの女性解放運動におけるケイの位置づけ / p52 (0054.jp2)
  21. はじめに / p52 (0054.jp2)
  22. 第一節 前史 / p52 (0054.jp2)
  23. 第二節 二つのブルジョワ女性運動 / p53 (0055.jp2)
  24. 第三節 ケイおよび彼女の著作に対する評価 / p55 (0057.jp2)
  25. おわりに / p55 (0057.jp2)
  26. 註 / p56 (0058.jp2)
  27. 第三章 日本における『児童の世紀』の受容状況 / p59 (0061.jp2)
  28. はじめに / p59 (0061.jp2)
  29. 第一節 出版状況 / p59 (0061.jp2)
  30. 第二節 受容 第一期(1906年から1916年ごろまで)――ドイツ留学帰国者たちによる『児童の世紀』紹介―― / p62 (0064.jp2)
  31. 1)大村仁太郎 / p62 (0064.jp2)
  32. 2)小西重直 / p65 (0067.jp2)
  33. 3)批判者 大瀬甚太郎 / p67 (0069.jp2)
  34. 4)第一期の特徴 / p68 (0070.jp2)
  35. 第三節 受容 第二期(1916年から1920年代まで)――大正デモクラシーのなかで―― / p69 (0071.jp2)
  36. 1)原田実 / p71 (0073.jp2)
  37. 2)大正自由教育のなかで / p74 (0076.jp2)
  38. 3)山田わか / p76 (0078.jp2)
  39. 4)平塚らいてう / p77 (0079.jp2)
  40. 5)第二期の特徴 / p80 (0082.jp2)
  41. 第四節 受容 第三期(1950年代から現在まで)――『児童の世紀』の復興―― / p80 (0082.jp2)
  42. 1)原田実訳『児童の世紀』・改訂版の出版 / p81 (0083.jp2)
  43. 2)小野寺信・小野寺百合子訳『児童の世紀』の出版 / p82 (0084.jp2)
  44. おわりに / p85 (0087.jp2)
  45. 註 / p86 (0088.jp2)
  46. 第四章 前半のまとめと後半における課題の設定 / p104 (0106.jp2)
  47. 第一節 前半のまとめ / p104 (0106.jp2)
  48. 第二節 先行研究の整理 / p105 (0107.jp2)
  49. 第三節 後半における課題の設定 / p109 (0111.jp2)
  50. 註 / p110 (0112.jp2)
  51. 第五章 エレン・ケイの母性概念 / p112 (0114.jp2)
  52. はじめに / p112 (0114.jp2)
  53. 第一節 社会的背景 / p113 (0115.jp2)
  54. 1)産業革命前後のスウェーデン / p114 (0116.jp2)
  55. 2)解放運動以前の女性の地位 / p114 (0116.jp2)
  56. 3)二つの女性問題 / p115 (0117.jp2)
  57. 第二節 母性観の変遷 ――エレン・ケイ前史―― / p116 (0118.jp2)
  58. 1)ルソーの母性観 / p116 (0118.jp2)
  59. 2)第一期女性解放運動 / p117 (0119.jp2)
  60. 第三節 ケイの母性主義思想の誕生 / p118 (0120.jp2)
  61. 1)ケイの経歴 / p118 (0120.jp2)
  62. 2)第一期女性解放運動に対するケイの批判 / p120 (0122.jp2)
  63. 第四節 ケイの母性概念 / p121 (0123.jp2)
  64. 第五節 母性の復興 / p123 (0125.jp2)
  65. おわりに / p125 (0127.jp2)
  66. 註 / p126 (0128.jp2)
  67. 第六章『児童の世紀』における子どもと母親の関係 / p134 (0136.jp2)
  68. はじめに / p134 (0136.jp2)
  69. 第一節『児童の世紀』のなかの子ども / p135 (0137.jp2)
  70. 第二節 生まれる前の子どもと母親の関係 / p137 (0139.jp2)
  71. 第三節 生まれた後の子どもと母親の関係 / p142 (0144.jp2)
  72. 1)理想空間としての家庭 / p142 (0144.jp2)
  73. 2)模倣を媒介とする子どもと母親の関係 / p147 (0149.jp2)
  74. おわりに / p149 (0151.jp2)
  75. 註 / p150 (0152.jp2)
  76. 終章 / p159 (0161.jp2)
  77. 第一節 総括 / p159 (0161.jp2)
  78. 第二節『児童の世紀』が今日の子ども―大人関係に示唆するもの / p161 (0163.jp2)
  79. 第三節 今後の研究課題 / p163 (0165.jp2)
  80. 註 / p165 (0167.jp2)
  81. 引用・参考文献一覧 / p168 (0170.jp2)
  82. 謝辞 / p184 (0186.jp2)
27アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189961
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000190244
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000354275
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ