資産流動化の経済分析

この論文をさがす

著者

    • 萩原, 統宏 ハギハラ, モトヒロ

書誌事項

タイトル

資産流動化の経済分析

著者名

萩原, 統宏

著者別名

ハギハラ, モトヒロ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (経済学)

学位授与番号

甲第7167号

学位授与年月日

2000-03-24

注記・抄録

博士論文

14401甲第07167号

博士(経済学)

大阪大学

2000-03-24

15132

目次

  1. 目次 / p2 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p4 (0005.jp2)
  3. 2 金融技術革新の経済的意義 / p7 (0008.jp2)
  4. 2.1 分析の動機 / p7 (0008.jp2)
  5. 2.2 金融技術革新の経済的意義 / p8 (0009.jp2)
  6. 2.3 金融技術革新における金融仲介機関の役割 / p14 (0015.jp2)
  7. 2.4 製造業における技術革新と金融技術革新 / p19 (0020.jp2)
  8. 2.5 特許制度と金融技術革新 / p26 (0027.jp2)
  9. 3 資産流動化市場の概要 / p29 (0030.jp2)
  10. 3.1 はじめに―実務界における評価― / p29 (0030.jp2)
  11. 3.2 資産流動化商品の分類 / p31 (0032.jp2)
  12. 3.3 諸外国の資産流動化市場 / p34 (0035.jp2)
  13. 3.4 日本の資産流動化市場 / p38 (0039.jp2)
  14. 4 資産流動化による株式価値に対する影響 / p44 (0045.jp2)
  15. 4.1 過去の研究 / p44 (0045.jp2)
  16. 4.2 イベントによる影響の測定 / p46 (0047.jp2)
  17. 4.3 市場に対する超過収益率 / p49 (0050.jp2)
  18. 4.4 業種別日経平均に対する超過収益率 / p51 (0052.jp2)
  19. 4.5 経済的含意 / p56 (0057.jp2)
  20. 5 資産流動化がもたらす経済的便益 / p58 (0059.jp2)
  21. 5.1 はじめに / p58 (0059.jp2)
  22. 5.2 従来の資金供給手段に対する資産流動化の特徴 / p58 (0059.jp2)
  23. 5.3 資産流動化に関する意思決定メカニズムと経済的便益 / p60 (0061.jp2)
  24. 5.4 資産流動化が経済的意義をもつ可能性 / p69 (0070.jp2)
  25. 5.5 債権流動化がもたらす負債契約の最適性に対する影響 / p71 (0072.jp2)
  26. 6 結論 / p80 (0081.jp2)
  27. 参考文献 / p82 (0083.jp2)
  28. 図表 / (0088.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000189972
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000190255
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000354286
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ