高血圧発症維持に占める延髄腹外側部(RVLM)と後部視床下部(PH)のcholinergic神経機構の役割 Role of cholinergic mechanism in rostoral ventrolateral medulla (RVLM) and posterior hypothalamus (PH) in the pathogenesis of spontaneous hypertension

この論文をさがす

著者

    • 平田, 正弘 ヒラタ, マサヒロ

書誌事項

タイトル

高血圧発症維持に占める延髄腹外側部(RVLM)と後部視床下部(PH)のcholinergic神経機構の役割

タイトル別名

Role of cholinergic mechanism in rostoral ventrolateral medulla (RVLM) and posterior hypothalamus (PH) in the pathogenesis of spontaneous hypertension

著者名

平田, 正弘

著者別名

ヒラタ, マサヒロ

学位授与大学

京都府立医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第514号

学位授与年月日

1993-04-23

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000240248
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000240842
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000004265320
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ