Prospective monitoring of minimal residual disease during the course of chemotherapy in patients with acute lymphoblastic leukemia, and detection of contaminating tumor cells in peripheral blood stem cells for autotransplantation 化学療法および末梢血幹細胞移植治療下の急性リンパ性白血病における微小残存病変定量

この論文をさがす

著者

    • 芹生, 卓 セリウ, タク

書誌事項

タイトル

Prospective monitoring of minimal residual disease during the course of chemotherapy in patients with acute lymphoblastic leukemia, and detection of contaminating tumor cells in peripheral blood stem cells for autotransplantation

タイトル別名

化学療法および末梢血幹細胞移植治療下の急性リンパ性白血病における微小残存病変定量

著者名

芹生, 卓

著者別名

セリウ, タク

学位授与大学

京都府立医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第595号

学位授与年月日

1995-04-28

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000240329
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000240925
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000004266234
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ