胃癌腹膜播種性転移における初発部位に関する臨床的研究 : Omentum-associated lymphoid tissues : 大網乳斑の意義 Clinical research of the first implantation sites in peritoneal cancer metastasis of human gastric cancer : Clinical significance of omentum-associated lymphoid tissues

この論文をさがす

著者

    • 白数, 積雄 シラス, モリオ

書誌事項

タイトル

胃癌腹膜播種性転移における初発部位に関する臨床的研究 : Omentum-associated lymphoid tissues : 大網乳斑の意義

タイトル別名

Clinical research of the first implantation sites in peritoneal cancer metastasis of human gastric cancer : Clinical significance of omentum-associated lymphoid tissues

著者名

白数, 積雄

著者別名

シラス, モリオ

学位授与大学

京都府立医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第622号

学位授与年月日

1996-01-26

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000240356
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000240952
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000004266457
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ