In vivo electroporation-mediated transfer of interleukin-12 and interleukin-18 genes induces significant antitumor effects against melanoma in mice Electroporation法を用いたIL12,IL18遺伝子導入によるマウス・メラノーマに対する遺伝子治療

この論文をさがす

著者

    • 岸田, 綱郎 キシダ, ツナオ

書誌事項

タイトル

In vivo electroporation-mediated transfer of interleukin-12 and interleukin-18 genes induces significant antitumor effects against melanoma in mice

タイトル別名

Electroporation法を用いたIL12,IL18遺伝子導入によるマウス・メラノーマに対する遺伝子治療

著者名

岸田, 綱郎

著者別名

キシダ, ツナオ

学位授与大学

京都府立医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第953号

学位授与年月日

2003-03-31

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000240700
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000241299
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000004268399
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ