Possible cause of G・C→C・G transversion mutation by guanine oxidation product, imidazolone グアニン酸化生成物、イミダゾロンによるG:C→C:G突然変異の可能性

この論文をさがす

著者

    • 喜納, 克仁 キノウ, カツヒト

書誌事項

タイトル

Possible cause of G・C→C・G transversion mutation by guanine oxidation product, imidazolone

タイトル別名

グアニン酸化生成物、イミダゾロンによるG:C→C:G突然変異の可能性

著者名

喜納, 克仁

著者別名

キノウ, カツヒト

学位授与大学

東京医科歯科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第2003号

学位授与年月日

2002-03-22

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000241758
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000242360
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000004273842
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ