Serum vitamin C concentration was inversely associated with subsequent 20-year incidence of stroke in a Japanese rural community : The Shibata study 日本の一地域において、血清ビタミンC濃度がその後20年間の脳卒中罹患率と逆相関していた : 新発田研究

この論文をさがす

著者

    • 横山, 徹爾 ヨコヤマ, テツジ

書誌事項

タイトル

Serum vitamin C concentration was inversely associated with subsequent 20-year incidence of stroke in a Japanese rural community : The Shibata study

タイトル別名

日本の一地域において、血清ビタミンC濃度がその後20年間の脳卒中罹患率と逆相関していた : 新発田研究

著者名

横山, 徹爾

著者別名

ヨコヤマ, テツジ

学位授与大学

東京医科歯科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第1931号

学位授与年月日

2001-05-16

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000241995
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000242601
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000004274634
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ