神経因性疼痛の発症・維持機構における脊髄神経可塑性の役割 : 脊髄神経伝達および細胞内シグナリング変調における新規Ca[2+]チャネル阻害薬の効果 Role of neuroplasticity of spinal cord neurons in developing rat neuropathic pain : Effects of a novel N-type Ca channel blocker, ONO-2921 on synaptic transmission of spinal cord

この論文をさがす

著者

    • 塚本, 徹 ツカモト, トオル

書誌事項

タイトル

神経因性疼痛の発症・維持機構における脊髄神経可塑性の役割 : 脊髄神経伝達および細胞内シグナリング変調における新規Ca[2+]チャネル阻害薬の効果

タイトル別名

Role of neuroplasticity of spinal cord neurons in developing rat neuropathic pain : Effects of a novel N-type Ca channel blocker, ONO-2921 on synaptic transmission of spinal cord

著者名

塚本, 徹

著者別名

ツカモト, トオル

学位授与大学

九州歯科大学

取得学位

博士 (歯学)

学位授与番号

甲第474号

学位授与年月日

2002-03-29

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000242715
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000243328
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000004278697
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ