減衰振動型レオメーターを用いたhMG-hCG療法中の卵巣過剰刺激症候群発症に対する早期予知に関する研究 Early prediction of ovarian hyperstimulation syndrome during gonadotropin therapy by means of a damped oscillation rheometer

この論文をさがす

著者

    • 渡邉, 剛也 ワタナベ, タカヤ

書誌事項

タイトル

減衰振動型レオメーターを用いたhMG-hCG療法中の卵巣過剰刺激症候群発症に対する早期予知に関する研究

タイトル別名

Early prediction of ovarian hyperstimulation syndrome during gonadotropin therapy by means of a damped oscillation rheometer

著者名

渡邉, 剛也

著者別名

ワタナベ, タカヤ

学位授与大学

帝京大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第717号

学位授与年月日

2003-03-31

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000243092
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000243708
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000004281664
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ