Usefulness of endoscopic biopsy using immunostaining of p53 and ki-67 in tumors of the papilla of Vater 十二指腸乳頭部腫瘍における免疫染色p53、ki-67を用いた内視鏡生検診断の有用性の検討

この論文をさがす

著者

    • 窪田, 賢輔 クボタ, ケンスケ

書誌事項

タイトル

Usefulness of endoscopic biopsy using immunostaining of p53 and ki-67 in tumors of the papilla of Vater

タイトル別名

十二指腸乳頭部腫瘍における免疫染色p53、ki-67を用いた内視鏡生検診断の有用性の検討

著者名

窪田, 賢輔

著者別名

クボタ, ケンスケ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第2398号

学位授与年月日

2003-08-12

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000243130
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000243747
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000004281873
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ