複素環を中心とする有機EL材料の創製およびそのEL素子特性 フクソカン オ チュウシン トスル ユウキ EL ザイリョウ ノ ソウセイ オヨビ ソノ EL ソシ トクセイ

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 鈴木, 幸一 スズキ, コウイチ

書誌事項

タイトル

複素環を中心とする有機EL材料の創製およびそのEL素子特性

タイトル別名

フクソカン オ チュウシン トスル ユウキ EL ザイリョウ ノ ソウセイ オヨビ ソノ EL ソシ トクセイ

著者名

鈴木, 幸一

著者別名

スズキ, コウイチ

学位授与大学

佐賀大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第48号

学位授与年月日

2003-09-25

注記・抄録

博士論文

有機 EL (Electroluminescence) 素子は、自発光、広視野角、高速応答性、薄型、低消費電力などの優れた特長を有しており、次世代の自発光型のフルカラーデイスプレイとしての応用が注目され数多くの研究開発が行われている。本論文では、有機 EL 材料としての新規な一重項発光材料および一重項青色発光材料用新規ホスト材料の合成とそれらを用いた素子特性に関する研究を行った。本論文は、5章から構成されている。第1章では、有機ELの概論および研究の意義と目的について述べる。有機 EL 素子の発光色(Re

3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000243844
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000244467
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000004288694
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
ページトップへ