The early stages of formation and evolution of the Nankai accretionary prism inferred from quantitative analysis of logging-while-drilling and core data, ODP Leg 196 ODP Leg196の掘削時検層とコアデータの定量解析による南海トラフ付加体における初期発達過程

この論文をさがす

著者

    • 家長, 将典 イエナガ, マサノリ

書誌事項

タイトル

The early stages of formation and evolution of the Nankai accretionary prism inferred from quantitative analysis of logging-while-drilling and core data, ODP Leg 196

タイトル別名

ODP Leg196の掘削時検層とコアデータの定量解析による南海トラフ付加体における初期発達過程

著者名

家長, 将典

著者別名

イエナガ, マサノリ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第18656号

学位授与年月日

2003-11-28

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000298579
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000299387
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000007732533
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ