Brugada症候群における右室流出路伝導遅延と臨床的特徴との関係 : 加算平均心電図と電気生理検査による検討 Relationship between conduction delay in right ventricular outflow tract and clinical characteristics in Brugada syndrome : investigation of signal average electrocardiogram and electrophysiologic study

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 廣野, 崇 ヒロノ, タカシ

書誌事項

タイトル

Brugada症候群における右室流出路伝導遅延と臨床的特徴との関係 : 加算平均心電図と電気生理検査による検討

タイトル別名

Relationship between conduction delay in right ventricular outflow tract and clinical characteristics in Brugada syndrome : investigation of signal average electrocardiogram and electrophysiologic study

著者名

廣野, 崇

著者別名

ヒロノ, タカシ

学位授与大学

新潟大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第2365号

学位授与年月日

2005-03-23

注記・抄録

博士論文

表紙の並列タイトル: Relationship between conduction delay in right ventricular outflow tract and clinical characterisics in Brugada syndrome

新潟大学

平成17年3月23日

新大院博(医)第33号

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000335241
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000336156
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000008057682
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
ページトップへ