Puromycin aminonucleoside腎症ラットに対する副腎皮質糖質ステロイドとセファランチンの蛋白尿抑制効果 Suppression of puromycin aminonucleoside-induced proteinuria by combined treatment with glucocorticoid and alkaroid reagent, Cepharantin

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐藤, 暢夫 サトウ, ノブオ

書誌事項

タイトル

Puromycin aminonucleoside腎症ラットに対する副腎皮質糖質ステロイドとセファランチンの蛋白尿抑制効果

タイトル別名

Suppression of puromycin aminonucleoside-induced proteinuria by combined treatment with glucocorticoid and alkaroid reagent, Cepharantin

著者名

佐藤, 暢夫

著者別名

サトウ, ノブオ

学位授与大学

新潟大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第2400号

学位授与年月日

2005-03-23

注記・抄録

博士論文

新潟大学

平成17年3月23日

新大院博(医)第1181号

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000335362
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000336278
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000008058206
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
ページトップへ