Decreased collagen-degrading activity could be a marker of prolonged mesangial matrix expansion コラーゲン分解活性の低下はメサンギウム領域拡大遷延化の指標として有用である

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 富田, 雅之 トミタ, マサユキ

書誌事項

タイトル

Decreased collagen-degrading activity could be a marker of prolonged mesangial matrix expansion

タイトル別名

コラーゲン分解活性の低下はメサンギウム領域拡大遷延化の指標として有用である

著者名

富田, 雅之

著者別名

トミタ, マサユキ

学位授与大学

新潟大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第1978号

学位授与年月日

2004-12-28

注記・抄録

博士論文

新潟大学

平成16年12月28日

新大博(医)第1663号

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000335392
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000336308
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000008058337
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
ページトップへ