Role of p38 mitogen-activated protein kinase activation in podocyte injury and proteinuria in experimental nephrotic syndrome 実験的ネフローゼ症候群での糸球体足細胞傷害および蛋白尿発症におけるp38MAPキナーゼ活性化の意義

この論文をさがす

著者

    • 越川, 真男 コシカワ, マサオ

書誌事項

タイトル

Role of p38 mitogen-activated protein kinase activation in podocyte injury and proteinuria in experimental nephrotic syndrome

タイトル別名

実験的ネフローゼ症候群での糸球体足細胞傷害および蛋白尿発症におけるp38MAPキナーゼ活性化の意義

著者名

越川, 真男

著者別名

コシカワ, マサオ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第11929号

学位授与年月日

2006-11-24

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000355553
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000356670
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000008472552
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ