G[olf] protein levels in rat striatum are increased by chronic antidepressant administration and decreased by olfactory bulbectomy ラット線条体内G[olf]蛋白量は抗うつ薬慢性投与により増加し嗅球摘出術により減少する

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田岡, 秀樹 タオカ, ヒデキ

書誌事項

タイトル

G[olf] protein levels in rat striatum are increased by chronic antidepressant administration and decreased by olfactory bulbectomy

タイトル別名

ラット線条体内G[olf]蛋白量は抗うつ薬慢性投与により増加し嗅球摘出術により減少する

著者名

田岡, 秀樹

著者別名

タオカ, ヒデキ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第4129号

学位授与年月日

2006-09-30

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000355919
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000357040
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000008473290
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
ページトップへ