Polymorphisms in the CYP1A1 gene are associated with gastrointestinal toxicity of estramustine phosphate therapy in patients with prostate cancer CYP1A1遺伝子多型は前立腺癌に対するリン酸エストラムスチン療法による消化器障害と関連する

この論文をさがす

著者

    • Mohammed Rafiqul Islam Mamun モハメッド ラフィクル イスラム マムン

書誌事項

タイトル

Polymorphisms in the CYP1A1 gene are associated with gastrointestinal toxicity of estramustine phosphate therapy in patients with prostate cancer

タイトル別名

CYP1A1遺伝子多型は前立腺癌に対するリン酸エストラムスチン療法による消化器障害と関連する

著者名

Mohammed Rafiqul Islam Mamun

著者別名

モハメッド ラフィクル イスラム マムン

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第21465号

学位授与年月日

2006-03-23

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000358636
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000359769
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000008484984
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ