Increase of 200kD-neurofilament immunoreactive afferents in the substantia gelatinosa in allodynic rats induced by compression of the dorsal root ganglion 腰部後根神経節の圧迫によってアロディニアを発症したラットの脊髄膠様質における200kDニューロフィラメント陽性線維の増加

この論文をさがす

著者

    • 渡邉, 和之 ワタナベ, カズユキ

書誌事項

タイトル

Increase of 200kD-neurofilament immunoreactive afferents in the substantia gelatinosa in allodynic rats induced by compression of the dorsal root ganglion

タイトル別名

腰部後根神経節の圧迫によってアロディニアを発症したラットの脊髄膠様質における200kDニューロフィラメント陽性線維の増加

著者名

渡邉, 和之

著者別名

ワタナベ, カズユキ

学位授与大学

福島県立医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第348号

学位授与年月日

2007-03-22

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000370159
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000371315
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000008524584
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ