XPG stabilizes TF2H allowing transactivation of nuclear receptors : implications for Cockayne syndrome in XP-G/CS patients XPGはTF2H複合体形成の促進、核内受容体を介する転写活性化に関与し、その欠損はXP-G/CS患者のCS症状と関連する

この論文をさがす

著者

    • 伊藤, 伸介 イトウ, シンスケ

書誌事項

タイトル

XPG stabilizes TF2H allowing transactivation of nuclear receptors : implications for Cockayne syndrome in XP-G/CS patients

タイトル別名

XPGはTF2H複合体形成の促進、核内受容体を介する転写活性化に関与し、その欠損はXP-G/CS患者のCS症状と関連する

著者名

伊藤, 伸介

著者別名

イトウ, シンスケ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第12053号

学位授与年月日

2007-03-23

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000372938
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000374103
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000008538501
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ