Decreased focal inflammatory response by G-CSF may improve stroke outcome after transient middle cerebral artery occlusion in rats ラット一過性中大脳動脈閉塞後の予後改善は,G-CSF投与による局所炎症反応の軽減による可能性がある

この論文をさがす

著者

    • 瀬原, 吉英 セハラ, ヨシヒデ

書誌事項

タイトル

Decreased focal inflammatory response by G-CSF may improve stroke outcome after transient middle cerebral artery occlusion in rats

タイトル別名

ラット一過性中大脳動脈閉塞後の予後改善は,G-CSF投与による局所炎症反応の軽減による可能性がある

著者名

瀬原, 吉英

著者別名

セハラ, ヨシヒデ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第3548号

学位授与年月日

2008-03-25

注記・抄録

博士論文

4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000437887
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000439215
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000009419274
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL ONLINE
ページトップへ