Serum deoxyribonuclease 1 activity can be used as a novel marker of transient myocardial ischaemia : results in vasospastic angina pectoris induced by provocation test 血清DNase1活性は一過性心筋虚血の鋭敏なマーカーとなりうる : 冠攣縮性狭心症誘発試験の結果

この論文をさがす

著者

    • 森川, 玄洋 モリカワ, ノリヒロ

書誌事項

タイトル

Serum deoxyribonuclease 1 activity can be used as a novel marker of transient myocardial ischaemia : results in vasospastic angina pectoris induced by provocation test

タイトル別名

血清DNase1活性は一過性心筋虚血の鋭敏なマーカーとなりうる : 冠攣縮性狭心症誘発試験の結果

著者名

森川, 玄洋

著者別名

モリカワ, ノリヒロ

学位授与大学

福井大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

医博甲第277号

学位授与年月日

2008-03-24

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000438291
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000439621
  • 本文言語コード
    • eng
  • NDL書誌ID
    • 000009423361
  • データ提供元
    • NDL ONLINE
ページトップへ